種子の最近のブログ記事

『協会配布の種子』

| トラックバック(0)

夏も終わり、協会から配布の種子も
元気してます。

4月25日

757.jpg

今日、9月13日です。

758.jpg

『採り蒔きの現状』

| トラックバック(0)

少しばかり、早期発芽でもしてみょうと
採り蒔きした用土から種子を採り出すと
カビが生えて腐っている種子もありました。
種子が腐る場合は未熟で普通でない交配や
種間交配で種子が形成されていないことが多いです。
それに播種の際に種子同士が接触してることがあり
ます。

26.jpg

『小さい種子』

| トラックバック(0)

前回は無茎タイプのアトロの種子を載せました。
今回は有茎タイプで小さな種子です。
多分、リヴィダスもこの大きさです。
これはステルニーの種子です。

565.jpg

『エライオソーム』

| トラックバック(0)

クリスマスローズの種子には付属物のエライオソーム
がついてるものがあります。
左からステルニー、フェチイダス、ニゲル、ddハイブリッド
の種子です。
この中でステルニーのエライオソームが種子の大きさ
に比べて一番大きいです。
エライオソームには蟻の好む糖などの成分があるので、
お茶パックに落ちた種子がいつの間にか蟻に運ばれて
お茶パックには種子がなかったことがありました。
この種子の大きさやエライオソームの大きさから
ステルニーが狙われやすいようです。
いつも袋掛けの際に子房とお茶パックの間から蟻が入れ
ないようにしたいものです。

33.jpg

『極小種子』

| トラックバック(0)

今日は気温が上がり28℃の予報です。
毎日してた種子採りも終盤になりました。
親株はアトローベンスですが、
1円玉に横に8粒並ぶ極小種子が採れました。

235.jpg

『チベタヌスの種子』

| トラックバック(0)

2月上旬に開花してチベタヌスの種が採れました。
この種子が無事に成長しても開花までは8年以上
の年月がかかります。
ただ、親株が実生からなので日本の環境には抵抗力
があります。

744.jpg

『種の採り蒔き』

| トラックバック(0)

今日は気温が上がり、種がお茶袋に沢山、落ちていました。
早速、種の採り蒔きを開始しました。

17.jpg

『分からない!』

| トラックバック(0)

交配して、種が採れて見ると交配に成功したと
思える種の形状はセルフのもの異なることもあります。
種は完熟すると黒くなりますが、同じ莢から採れた
この米肌の種はこのままのようです。

389.jpg

『種採り&播種』

| トラックバック(0)

最初に交配した莢から種が零れ始めました。
優先して、タネ採り&播種をします。
まだ、交配や袋掛けもあります。
ポット上げは9割残っています。
臨機応変で作業を行きます。

349.jpg

『帯化花の子房』

| トラックバック(0)

帯化花には雌蕊が沢山あるので、
交配するとタネが沢山採れます。

826.jpg

ふみ屋のご案内

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち種子カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは異種間交配です。

次のカテゴリはその他草花です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。