原種の最近のブログ記事

野外に置いてあるこの株のみにうどん粉病みたいな
白い粉が葉についていました。
隔離して葉をふいてみると葉脈で包まれた黒い斑点
がありました。
患部を切り取りました。
梅雨の季節には発生するようです。

70.jpg

2010年にルーマニアで採取された
プルプラセンスの種子を育てたものです。

932.jpg

これは2008年に取り寄せたアブルジクスの
変異個体と呼ばれるものです。
落葉タイプで香りのあるワインレッドの花が
咲きます。
難点は種子があまり採れず株分けでないと増やせ
ないことです。

473.jpg

『WM9531』

| トラックバック(0)

日本クリスマスローズ協会の掲示版にも
載せているWM9531です。
平成16年7月に高杉種苗さんから購入
した苗の2代目か3代目の苗です。

472.jpg

別の個体での今年咲いた花です。

IMG_6968.jpg

『フリルフェチダス』

| トラックバック(0)

元親はボッコネイに似た葉型のフェチダスです。
実生を育てているとより顕著にフリルと切れ込み
が出て来ました。

442.jpg

『アブルジクス』

| トラックバック(0)

2008年に日本クリスマスローズ協会の
『北イタリアの自生地を訪ねる旅』で自生地
を案内して戴いたウィル・マクルーウィン氏
にお願いして後日に送付して貰った種子を
播種したものです。
この株は9年経ても開花していません。

837.jpg

『ステルニー』

| トラックバック(0)

当年苗のステルニーです。
遮光ネットの下では日差しが弱いのか
ひょろひょろ伸びています。

492.jpg

『鋸葉』

| トラックバック(0)

自生地採取のリグリクスです。
葉性が珍しいので、載せています。
リグリクスは香りの強弱はありますが、
好きな香りで昨年から交配親に沢山使用
しています。

491.jpg

『休眠期』

| トラックバック(0)

クリスマスローズの休眠期は東京ではおおむね
6月~9月くらいの気温の高い頃です。
大株は種子が採れてやつれて休眠に入ります。
では小さい苗というと意外に秋に向けて芽を
つけてる個体もあります。


13.jpg

思うような苗が出来なくて、やっと販売出来ます。
当店に来た2番目に早いddクロアチクスのセルフです。
7.5cmポット入り、2年苗です。4苗限定
先着順です。お値段は送料込み¥2500です。
代引き郵便で発送いたします。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info.
電話 090-2270-2238へ

残り2苗です。
450.jpg

親株のddクロアチクスです。

451.jpg

ふみ屋のご案内

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち原種カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは交配種です。

次のカテゴリは異種間交配です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。