『遣り甲斐のある交配!』

| トラックバック(0)

数年前からチベタヌス交配をメインにしてます。
これだけ、子房が膨らんでも交配したと思われる
種が3粒だけです。
小さい種が採れれば、ファーストスティジはクリアーです。

77.jpg

次に、子房の中には2種類の種がありました。
白くて大きい種は要観察です。
交配していれば、大きくならないはずです。
大きいのは種親の性質が強く出ている可能性
が強いと思われます。

78.jpg

採れた種をすべて見ると、白黒、大小です。
経験的に黒、小がチベタヌスの性質を表します。

79.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fumiya.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/7829

ふみ屋のご案内

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、店主が2018年4月24日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『カブト虫の幼虫』」です。

次のブログ記事は「『バラ・アダム』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。