2015年7月アーカイブ

『ホスタ』

| トラックバック(0)

7月も終わり、明日からは8月です。
梅雨が明けたと思うと酷暑でもはや
夏バテです。
植物は環境に合わないと可哀想な
事に葉やけして枯れてしまいます。
このホスタも葉が大きくて半日蔭に
置いて葉やけから守ってやらないと
いけません。

02.jpg

『レンゲショウマ』

| トラックバック(0)

東京の御岳山では8月に見ごろを
向えます。
自生地は北側斜面の木の下です。
強い日差しにあたると花弁が痛み
茶色くなり花は開花しません。
明るい日陰を好みます。

397.jpg

398.jpg

タネ採りを終えて、早めに竹の下に
移動したヘルッエゴヴィヌスです。
ヘルッエゴヴィヌスは成長の遅い
品種ですね。
切れ込みは3年苗頃から顕著になります。

399.jpg

『自然の摂理』

| トラックバック(0)

このキジバトだけは元気に私の姿を
見ると飛んできます。
他のキジバトは何らかの事情で来れなく
なりました。
面倒を見ない方がキジバトのためなの
かも知れませんね。
でもこのキジバトだけは最後まで面倒
を見たいです。

843.jpg


844.jpg

845.jpg

『雷雨が!』

| トラックバック(0)

そうですね。
ここしばらく雨がなくてカラカラでした。
傘を差すような雷雨がありました。
火照りの止まない体に休養の時が訪れました。
でも、どんな気候でもバラは元気です。
そんなパワーを頂きたいものです。

9.jpg

10.jpg

11.jpg

『銀銭花』

| トラックバック(0)

ハイビスカスみたいな花の後は
ドームの中にタネが出来ています。

13.jpg

『ニゲラ』

| トラックバック(0)

今年咲いたニゲラがこぼれて発芽
しました。

4.jpg

『朝顔』

| トラックバック(0)

しばらくは暑い日が続くようです。
今日も気温はウナギ上りです。
早朝の朝顔を見ると気持ちもひんやり
しますね。

04.jpg

『奇形苗』

| トラックバック(0)

リヴィダス×ニゲルです。
当年苗ですが、成長は望めません。

14.jpg

『あしたばゴーヤ』

| トラックバック(0)

ゴーヤはキュウリに似ていますが、
実の生長が遅くてヤキモチさせられます。
でも、採れると次から次と採れます。

27.jpg

『トウゴマのタネ』

| トラックバック(0)

ウニのような実が熟して
中にはエキゾチックな模様のタネが
ありました。

41.jpg

42.jpg

『夏とは言えど!』

| トラックバック(0)

今日も暑い日でした。
遮光ネット張ったくらいで筋肉痛です。
張った遮光ネットにお客様です。
まだ、小さいがカマキリです。
秋はどこからともなく近づいていますね。

02.jpg

『クレマチスのタネ』

| トラックバック(0)

クレマチスのタネが黒くなり、こぼれ落ちる
ようになりました。

04.jpg

4.jpg

『ナデシコ&さぎ草』

| トラックバック(0)

今日も猛暑日になりそうです。
35℃の予報です。
遮光ネットのお蔭で作業も出来ます。
絞りナデシコから実生で白もいいです。

548.jpg

さぎ草 銀河です。花の切れ込み見どころです。

549.jpg

『遮光ネット』

| トラックバック(0)

今朝から気温がどんどん上昇してます。
暑くなる前により速く効果的に85%の
遮光ネットを張ろうと準備を重ねて一気に2棟
分をはることが出来ました。
あとはゆっくり調整して行きます。


63.jpg


『レンゲショウマ』

| トラックバック(0)

この株は以前からあるものです。
当店の環境に馴染んだようです。
毎年、開花しますが今年は特に
早いです。

278.jpg

279.jpg

『ジニアの苗』

| トラックバック(0)

今日はこの夏、一番の暑さです。
汗だくで止まりません。
熱中症にご注意ください。
ジニアのタネを蒔いたのですが、
丈の高くなる品種のようで、よく
伸びています。

45.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

ハウスでは遮光が思うようにいってないので、
今、竹の下で静養中のニゲル交配です。
少し、枯れこんでる葉もあります。

4.jpg

どちらも海岸近くに生えてる植物です。
ツルナは日本古来からの植物で食用に使用
されています。
ツルナはしっかりして苦味があります。
アイスプラントはアフリカ産で味は
ありません。
ただ、食用として販売する場合は苗が
ある程度成長した時に3~5%の食塩水
を水代わりに上げます。
この塩加減や塩を上げることさえ知らない
とただの葉っぱで終わってしまいます。
塩分は根から葉のブラッダ―細胞にその塩分
が保存されます。
余り高濃度の食塩水だと成長しません。
フランス料理に前菜として出たりします。
アイスプラントは私が惚れ込んだ植物です。
こだわりると塩までも食塩、岩塩ときりが
なくなります。
天ぷら、ラーメンの具、焼き肉サンドなど
用途は沢山あります。
そうそう、フラドチキンも美味しいです。

ツルナは黄色い小さな花を咲かせます。
831.jpg

下がアイスプラントです。後半はサボテンの
ような白い花が咲きます。

832.jpg

追伸、以前近くのレストランなどに営業へ行った
際どの料理長もアイスプラントを知っている人は
1人もいませんでした。
しかし、その食感からかオダーもありました。

『雪割草』

| トラックバック(0)

いつもの年だと夏場前に棚の下に置くのですが、
今年は棚に置いたままです。
見事?この苗だけはイエローになっています。

04.jpg

作業してヘメロカリスの実に手が触れて
実が取れてしまいました。
採り蒔きすることにしました。

4.jpg

『咲き分けキキョウ』

| トラックバック(0)

暦の上では土用ですね。
暑さで夏バテはこれからが本番です。
無理せずに夏を乗りきりたいものです。
咲き分けキキョウは終盤です。

14.jpg

『ビオラ』

| トラックバック(0)

こぼれダネから苗を見つけてポットに
植えてみました。
可愛いビオラが咲きました。

13.jpg

『最後の大仕事!』

| トラックバック(0)

新しいハウスになったもの、思うような遮光が
出来ていません。
これからの夏の日差しにはかなわないと思います。
なぜなら、今までに枯れることのない苗も元気が
ありません。
夏の序盤です、思い切りハウス全体をカバー出来る
遮光ネットを購入しました。
8月には誰のもが経験する人生のターニングポイント
かな?
入院もあり、今月中にはセットしたいものです。
幅6m×長さ50mです。ただ、長さは半分にして使用
します。でも、重たいです。

106.jpg

『さぎ草』

| トラックバック(0)

さぎ草 金河が最盛期を迎えています。

346.jpg

『朝顔』

| トラックバック(0)

久々、早朝から雨です。
ハウスにあたる雨音で強度が分かります。
以外に朝顔を撮るタイニングがなくて
今朝は撮れました。

344.jpg

345.jpg

今日も熱風です。
竹の下は所により遮光率100%です。
春過ぎに移動した苗は根をポットから
地面に伸ばしています。
ハイブリッド×チベタヌスです。

13.jpg

私を見つけて竹の切り株で、餌を乞うキジバトです。

14.jpg

追伸、要望に応えてハウスで餌を上げています。

『まだありました。』

| トラックバック(0)

あしたばゴーヤの雌花が終わり実に
なりつつあるものがありました。

325.jpg

『葉ボタン 光子』

| トラックバック(0)

実生の光子も少しばかり大きくなって
きました。
しかし、この季節には害虫がつくので、
薬剤の散布も必要です。

324.jpg

『ウド』

| トラックバック(0)

ここにきて、実生のウドが繊毛や芽も
はっきりしてウドらしくなりました。
穴蔵を使用したウド作りはここ旧保谷、
武蔵野地域が発祥です。
その中に貢献した1人に父がいます。
今でも穴蔵は竹の下にはあります。

323.jpg

アネモネですが、1度水分を切り休眠させた
のに、間違えて水を上げてしまいました。
2ヶ月早い新葉です。
取りあえずポットは日陰に移動します。

4.jpg

『ヘメロカリスの実』

| トラックバック(0)

今日も35℃の予報です。
作業は出来るだけ早朝にしたいものです。
1日花でもタイミングがいいと交配も
可能です。

304.jpg

『あしたばゴーヤ』

| トラックバック(0)

白いゴーヤの発芽が悪くて、途中アシタバゴーヤ
の苗を購入しました。
いつものアーチに絡んで、やっと雌花が咲き出し
ました。

303.jpg

『迷ったカモね?』

| トラックバック(0)

日ごろは夕方に自転車に乗り散策に出ること
等ないのに今日は暑くて日が陰るのを待ち、
近くの武蔵野中央公園へ行きました。
早朝のメンバーとは異なり夏休みのせいか
親子づれが多いです。
そんな中、今年に新たにタネ蒔きして作った
スペースガーデンがあります。
ふと、見ると何処からか来たのか?
カモがいました。

826.jpg

827.jpg

828.jpg

829.jpg

830.jpg

『アジサイ 沢美人』

| トラックバック(0)

中国産のイエローのガクアジサイです。
花柄をつけたままにしていたら何なら?
タネのようなものがついています。

102.jpg

『仙人草』

| トラックバック(0)

どこからか飛んできた仙人草のタネが発芽し毎年
蔓を伸ばしています。
今年もバッサリ剪定しました。
でも、咲けば甘い香りの花を見ると剪定しない
方がよかったかなと思います。
追伸、6月にクレマチスの丘で香りのある
   クレマチスの香りを体感しましたが、
   よりいい香りがします。

101.jpg

『さぎ草』

| トラックバック(0)

さぎ草を頂いて3度目の夏を迎えました。
さぎ草は難しい植物と思っていましたが、
ポイントさえ掴めれば花はちゃんと咲いて
くれますね。

13.jpg

『ミカン』

| トラックバック(0)

リヴィダスで寒さにあうと葉色が
採れたての緑が残るミカンの色に
なります。
この株は実生2年苗なので、不確定です。

27.jpg

『実生バラ二番花』

| トラックバック(0)

今朝から暑くなっています。
熱中症にはご注意ください。
気のせいか暑くなるとバラの
色まで濃く見えてきます。

37.jpg

『高麗人参のタネ』

| トラックバック(0)

梅雨明けして夏日で高麗人参のタネ
が熟してきました。
後は教えて戴いた管理をしっかりして
来年の発芽を待っています。

1.jpg

『ヘメロカリス』

| トラックバック(0)

東京地方の梅雨明け宣言はまだです。
今日の予報は34℃です。
今朝は日差しも強く梅雨明け間違い
なしです。
さて、また別のヘメロカリスが咲い
て来ました。

04.jpg

『捕獲成功』

| トラックバック(0)

昨夜、おしゃべりで出たカブト虫を捕獲
するため罠を山椒の木の傍につけました。
成果はカブト虫のオスとメスを捕獲出来ました。

45.jpg

『ニゲルゴールド』

| トラックバック(0)

こんなニゲルもいいですね。
ニゲル×ゴールドもありますが、
最初に属間交配から生まれて株です。

223.jpg

かなりイエローの葉のゴールドピコティーです。
この兄弟もこれほどイエローではないが、
イエローです。

42.jpg

高麗人参に続き、トチバニンジンも
実が色づきました。
トチバニンジンは実の数の少なくて、
タネが花に1つしかついていません。

02.jpg

『レンゲショウマ』

| トラックバック(0)

まだ、台風の余波で風があります。
そんな中、実生のレンゲショウマが咲きました。

1.jpg

『トマト&バジル』

| トラックバック(0)

朝食に採りたてのトマト&小さいバジルを
食べることにしました。

04.jpg

『キキョウ』

| トラックバック(0)

咲き分けキキョウでこの咲き分けは
初めてです。

14.jpg

『バラ実生二番花』

| トラックバック(0)

バラ実生で苗に力がついたのか?
前回よりストライプはっきりと出ています。
兄弟苗の中でこのストライプはこの苗だけです。

02.jpg

『ヘメロカリス』

| トラックバック(0)

東京では今、曇りです。
台風の合間に咲いてます。

347.jpg

『ユリ』

| トラックバック(0)

当店、近くの千川上水のユリです。
近所の方が管理しています。

346.jpg

『山百合』

| トラックバック(0)

MY GARDENにも載せた当店近くの
東京三菱YFJ銀行の旧グランドで山百合
がクリスマスローズの傍で咲いて来ました。

343.jpg

344.jpg

345.jpg

『レンゲショウマ』

| トラックバック(0)

実生のレンゲショウマです。
詳細は覚えていませんが、唯一実生から育った
株です。
毎年、奥多摩の御岳山は8月15日頃が見ごろです。
当店ではニゲル×レンゲショウマも育っています。

63.jpg

ニゲル×レンゲショウマ

73.jpg

『オナガドリの雛』

| トラックバック(0)

竹の下に今日も別のオナガドリの雛がいました。
オナガは気が強い鳥で、捕まえると
噛みつくこともあります。
カラスなどを追い払うこともあります。

45.jpg

『高麗人参のタネ』

| トラックバック(0)

4年根の高麗人参のタネが色づきました。
ここからは発芽のための特別なテクニック
が必要だそうです。
力まずに自然体で栽培を楽しみます。

34.jpg

35.jpg

『ウド』

| トラックバック(0)

今年、タネ蒔きをしたウドです。
子供の頃はウドを見て育ちました。
そんなウドも産地が西へ移り多摩地域へ
特産の保谷ウドも少なくなりました。

33.jpg

『タネの保存』

| トラックバック(0)

クリスマスローズのタネの保存ですが、
永年の経験から採り蒔きです。
採れた順にタグにその場で書き、赤玉単用土
に蒔き、発芽まで乾かない程度に潅水をする
と2月には発芽します。
時たま、発芽の遅いニゲルを野菜室に入れて
簡易早期発芽をします。
本来の早期発芽はそれなりの施設が必要なので、
経験と施設のない方は控えた方が賢明です。
早期発芽より発芽後の管理が大切です。

4.jpg

『実生バラ』

| トラックバック(0)

1度花が終わり、また咲いたバラです。
株が小さいので、大株だけが咲きます。

286.jpg

『銀銭花』

| トラックバック(0)

咲きました、銀銭花です。
1日花で明日には萎んでしまいます。

285.jpg

『岡山名産 白桃』

| トラックバック(0)

昨日、岡山から白桃が届きました。
一口食べて本場の桃はジューシーで
忘れられない味でした。

02.jpg

『チベタヌス』

| トラックバック(0)

今年は春から2週間くらいは季節が進んで
いるような気がしています。
梅雨明け宣言はしてませんが、梅雨明けですね。
竹の下のチベタヌスは8月頃に枯れるのに、
もう、この状態です。

262.jpg

『カブトムシ』

| トラックバック(0)

早朝散歩で道路にいたカブトムシです。
連日の暑さで元気がありません。

261.jpg

『斑入りホトトギス』

| トラックバック(0)

今日も熱風です。
34℃の予報です。
全国で4人も熱中症で亡くなりました。
作業は早朝、夕方にします。
ホトトギスと言えば秋の花ですが、咲いています。

260.jpg

『銀銭花』

| トラックバック(0)

今日はお盆のお迎えです。
いつもの年なら鬱陶しい頃なのに
33℃の予報です。
夏の花が目立ちますね。
昨年のタネを蒔いた銀銭花の蕾です。

14.jpg

早いもので、3日で発芽してきました。

04.jpg

今日は水温もかなり上がりました。
レッドラムズホーンの餌は布袋草でした。
毎日、膨らんだ部分が小さくなっています。

261.jpg

それにしてもレッドラムズホーンとメダカは
数えていませんが、増えています。

262.jpg

『キジバトの雛』

| トラックバック(0)

東京は32℃でした。
このキジバトの雛にとってこの暑さは
初体験で大変だと思います。
ゲージはコーヒーの袋でカバーしています。
この暑さでも元気です。
ファイトポーズは変わりません。

325.jpg

『フウセンカズラ』

| トラックバック(0)

こぼれダネから成長した蔓が枯れた皐月
にからんで花の後にフウセンをつけました。

324.jpg

『キキョウ』

| トラックバック(0)

期待していた実生のキキョウが咲きました。
咲き分けでなく花粉親似です。

323.jpg

『夏野菜』

| トラックバック(0)

以前、市場にも出荷したこともあるアイスプラント
です。
今では生産もやめて、こぼれダネからの残りの
苗1つです。

13.jpg

ツルムラサキは昨年ファンケルへ持ち込んだ
こぼれダネからのものです。

14.jpg

『怒られて!』

| トラックバック(0)

今朝のキジバトの雛です。
無理やり、水を飲ませたり、餌を
口に押し込んだりしたので、元気がでたのか?
私の顔を近づけると怒りのポーズです。
右の翼を上げています。
ここが巣と思っているようです。
このポーズはオス同士が戦うポーズです。

260.jpg

『巣立ちの時期』

| トラックバック(0)

竹の下にオナガとキジバトの雛がいました。

285.jpg

286.jpg

キジバトはまだ産毛が生えています。
飛べません。
猫に狙われてしまいます。

287.jpg

オナガは親鳥がそばにきて声をかけていて、
少しずつ飛んで行きました。
その点、親鳥がいることもないキジバトは
飛べないし、巣も分かりません。
仕方なく、様子をみることにしました。

04.jpg

毎年、今頃、夜になるとどこからともなく聞こえる
花火の音です。
ただ、方向は南の方です。
デジカメを持って、ただその光の方へ走りました。
武蔵野大学の校門の前でピシャリ撮りました。
聞けば15分だけ七夕の時に花火を打ち上げるとの
ことでした。
この大学には私のクリスマスローズも植えています。
以前は女子大でしたが今は共学です。
何かと縁の深い大学です。
今年はいいことがありそうです。

798.jpg


799.jpg

800.jpg

801.jpg

802.jpg

初交配にして初花が咲きました。
交配と言っても、そこにある花粉を
つけていたので、花粉親は断定できません。
ただ、タネ親株はいつも載せている咲き分け
です。
この株からはこの他に花は咲きませんが、
昨年の採り蒔きタネで咲いたので、こんな
にハッピーなことはないです。

02.jpg

この株は竹の下に置いてある株です。
目立つイエローの葉です。

49.jpg

『ムカゴ』

| トラックバック(0)

今年、植えた種イモからムカゴ採れました。

277.jpg

278.jpg

『長雨も一段落』

| トラックバック(0)

7月も10日目に太陽が出てくるようです。
長雨で竹の下にあるクリマスローズも葉が
黒くなっている株もあります。
以外に元気なのはピンクアイスです。

35.jpg

この株は当店作出のエリックスミシーです。

36.jpg

『こちらが先に!』

| トラックバック(0)

実生のキキョウですが、昨日の苗より
早く咲く苗がありました。
この親株を見ているとホワイトとブルー
の咲く分けで単色の他にホワイトにブルー
ブルーにホワイトがあります。
どちらの色が本来のなのか?
考えると眠れなくなります。


45.jpg

葉ボタン光子の花が3月に咲き、
そのままにしていましたら、タネが
出てました。
よく見てみるとタネが両面につくこと
が分かりました。
早速、タネ蒔きもしてみます。

4.jpg

『さぎ草』

| トラックバック(0)

あと10日もすれば梅雨明けでしょうね。
さぎ草が夏を待ちきれずに花が咲きそうです。

04.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

高麗人参のタネがすべて宝石のように
色づきました。
後はこのままタネが熟すのを待ちます。

004.jpg

『トウゴマ』

| トラックバック(0)

今日も雨です。
太陽が懐かしいですね。
トウゴマの花が終わり、ウニのような実がついています。

02.jpg

『実生キキョウ』

| トラックバック(0)

昨年、採り蒔きしたキキョウに蕾が
つきました。
さて、どんな花なのか、楽しみです。

13.jpg

『キノコの傘が!』

| トラックバック(0)

現在、台風が3つもありすでに影響の
出ている所もあるようです。
東京では曇り空で夜は雨です。
この湿度でキノコの傘がポットに開きました。

02.jpg

属間交配した花が咲きました。

01.jpg

『ビワ』

| トラックバック(0)

中国の食品市場だと思いますが、ツアーのメンバーが
くれたビワの実を持ち帰り、蒔いてみました。

4.jpg

『房咲きニゲル』

| トラックバック(0)

イタリア産F1の実生の房咲きニゲルです。
どこかで異常の苗になってしまいました。

04.jpg

『休眠状態』

| トラックバック(0)

ラナンキュラス&ユキワリイチゲの今の状態です。
ラナンキュラスも少しづつ水分を減らしました。

281.jpg

ユキワリイチゲは3月に自然と休眠に入りました。
白い芽がありますね。

282.jpg

『ヘメロカリス』

| トラックバック(0)

梅雨の晴れ間ではありませんが曇りです。
明日はまた雨のようです。
ヘメロカリスもつかの間の開花です。

283.jpg

284.jpg

『休眠状態』

| トラックバック(0)

少しずつ水分を減らして休眠した
アネモネ&ハゴロモキンポウゲの
休眠状態を見て見ました。

これはアネモネです。

258.jpg

これはハゴロモキンポウゲです。

259.jpg

『カビ』

| トラックバック(0)

クリスマスローズのこぼれダネにもカビが生えてきました。
7月に入りお日様は御隠れのようです。

4.jpg

『トマトのひび割れ』

| トラックバック(0)

長雨で水分過剰と雨の影響でミニトマトに
ひび割れが出来てきました。
取りあえずハウスにポットを移動します。

04.jpg

オドルス・ゴールドパインを花粉親にした交配です。
タネ親にもよりますが、一般に葉が丸くなる傾向です。

ヘルツエゴヴィヌスがタネ親です。

260.jpg

ネオン系がタネ親です。

261.jpg

原種交配がタネ親です。

262.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

4年根ですが、植え付けた時に芽が傷んだようで
葉がでないでそのまましていました。
よく見ると来年に向けて芽がありました。

37.jpg

『枝豆』

| トラックバック(0)

実家からの頂きものです。
昨日はトウモロコシ、今日は枝豆です。
子供の頃のお手伝いを思い出します。
枝豆は葉付きでは売れないので、葉を取り
枝に実をつけた状態にしてまとめて市場に
出しました。
鋏使用をして根気がいりました。

35.jpg

新鮮なので、即たべたいので、調理する準備です。

36.jpg

茹でる時間が待てないので、レンジで、
塩はなるとの塩を使い、頂きました。

37.jpg

『アオイ科』

| トラックバック(0)

昨年のポットから葉がどんどん大きく
なって小さな花を咲かせていました。
名前は分かりません。

73.jpg

『キキョウ』

| トラックバック(0)

いつも載せている咲き分けのキキョウです。
梅雨にお似合いの花ですが、やはり雨に当ると
花の傷みが早いのでハウスの中で鑑賞しています。

01.jpg

02.jpg

30.jpg

『蕗』

| トラックバック(0)

しばらくは雨の日が続くようですね。
草が茂り除草も出来ません。
さて、今年春に植えた秋田蕗が最初は小さな
葉でしたが、次第に大きな傘になって来ました。

101.jpg

所謂、戻し交配をしてみました。
葉柄の色が特徴です。
花は濃いイエローになります。

260.jpg

261.jpg

262.jpg

『ヤブカンゾウ』

| トラックバック(0)

今日は一時、雨が止んだもの夕方には
再び雨になりました。
本日は生憎、七夕祭りは中止でしたが、
週末の平塚の七夕祭りは天気がいいといいですね。
さて、ヘメロカリスの仲間のヤブカンゾウです。
毎年、観ていますがタネを見たことがありません。
追伸、3倍体ようです。
しかし、交配により新しい品種も出ているようです。

04.jpg

『朝顔』

| トラックバック(0)

7月6日の入谷朝顔市も近づいて来ました。
早朝散歩してて朝顔の花も見る機会も増えて
います。
ただ、梅雨のシーズンには雨に打たれて花は
無残です。
その点、ハウスの朝顔は元気に咲いています。

36.jpg

37.jpg

親株はγ照射したステルニーです。
現在、実生苗が大きくなりました。
これらのγの親株は一番強い強度で唯一、成長
したステルニーです。

60.jpg

61.jpg

62.jpg

『花の理由』

| トラックバック(0)

今咲いて来るニゲルの花があります。
花にはそれなりの理由なり訳があります。
これが最後の花かも知れません。
じっと見守ります。

16.jpg

『アメリカヅタ』

| トラックバック(0)

ポットに入れているせか蔓が伸びません。
実はほとんどつきませんね。

4.jpg

この齢になって初めて見るホタルブクロです。
白糸ホタルブクロとかビューティフルトラスト
などと呼ばれているホタルブクロです。
ホタルを入れて鑑賞なんてないが、これはこれで
Goodですね。

01.jpg

02.jpg

『無事でしたが、!』

| トラックバック(0)

ハウスで猫に襲われお星様になったキジバトは
残りの1羽ではなかったです。
別のキジバトが被害にあい頭部と羽が残って
います。
残りの1羽はおどおどしながら餌を貰いに
来ました。

282.jpg

283.jpg


284.jpg

『キキョウ』

| トラックバック(0)

今朝もキキョウが咲いています。
咲き分けキキョウなので、1株から咲いています。
天候が不安定です。
また、雨になりそうです。

33.jpg

34.jpg

『クレマチスのタネ』

| トラックバック(0)

クレマチス・テキサンシスを交配してみました。
交配するとタネの部分が凸凹になり膨らんで
きます。
交配していないものは坊主になるか凸凹になりません。

233.jpg

『トウゴマ』

| トラックバック(0)

何度か、トウゴマの花をブログにUPしましたが、
イソギンチャクのような部分が雌蕊なんですね。
初めて見る花は不思議なことばかりです。

14.jpg

『キキヨウ』

| トラックバック(0)

今朝は梅雨の雨ではなく、強い雨になっています。
キキヨウの花が咲いたので、ハウスにいれました。

13.jpg

『万年青』

| トラックバック(0)

中国に出かけた際に道端にあった万年青
の実を持ち帰り、蒔いて発芽した記念の
万年青です。
この万年青は園芸種ではなくコンパクトで
葉芸を鑑賞するものではありません。

04.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

高麗人参が届いて半年が過ぎました。
タネから発芽した苗は立ち枯れ病で
いくつか枯れましたが、東京でも育て
られことを体験しました。
さて、これは4年根で休眠状態で届いた
高麗人参を特別の用土に植えて育てている
ものです。
花が終わりタネをつけて外側からタネが
色づいています。

004.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。