2015年5月アーカイブ

今までぼけたような絞りのナデシコばかりでした。
今度ははっきりした絞りのナデシコです。

38.jpg

ゴールドが市販されるようになり10年以上
位になりますか?
パインが出品される際に名称をどうしたらいいのか
聞かれた記憶があります。
でも、ご本人はパインの香りがするので、パインに決めて
いたようです。
その後、神代植物公園で行われた新花コンテスト
に出展したオドルス・ゴールドパインには衝撃が
走りました。
ゴールドほど大きくなく、恥じらいのある花でした。
ゴールドはハイブリッドです。それに比べると
原種で趣きがあり香りのあるパインは遙かに
ハイレベルの花です。
知人と私を含めて熱狂的なファンがいます。
これは私の交配したリグリクス×オドルス・ゴールドパインです。

21.jpg

『発色はいつ?』

| トラックバック(0)

ニゲルにしても原種やハイブリッドにしても
東京では2月の5度くらいの寒さだと本来の
色が花に出てくるようです。
今咲くニゲルやニゲル交配に関しては色はあてに
なりません。
前回にも載せましたが、イエローがこんな色です。

20.jpg

『早いよ!』

| トラックバック(0)

今日も夏日ですね。
何故か気温が高い日が続くと夏に咲く
レンゲショウマも蕾が見えてきました。

004.jpg

04.jpg

初交配です。
タネ親はニゲル×イチゲです。
花粉親はオキナ草です。
どこかでイチゲかオキナ草が交配
していないかも知れません。2年苗です。
4号ポット入り、1ポットのみ
先着順、お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

追伸、クリスマスローズはまだまだ分からないことが多いですね。
   それが魅力です。
002.jpg

02.jpg

『実生バラ』

| トラックバック(0)

6番目の花が咲きました。
あと2ポットに蕾がついています。

1.jpg

『半夏生』

| トラックバック(0)

暑い5月でした。
地震や火山噴火と異常なことばかりです。
さて、高温で植物の生長も早いです。
既に半夏生は咲き出しました。

01.jpg

初交配なので保障は出来ません。
それでも良い方はお願いします。
ストライプの照射株がタネ親です。
4号ポット入り、2年苗、先着順
お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話090-2670-2238
発送は代引き郵便です。
追伸、γ照射だけでも価値はあります。

完売しました。
25.jpg

26.jpg

『アブルジクス販売』

| トラックバック(0)

中央イタリア採取のタネから育てたものです。
4号ポット入り、先着順
お値段は¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
11.jpg

013.jpg

モンテネグロ採取のタネを育てたものです。
4号ポット入り、先着順
お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
9.jpg

10.jpg

6号スリット入り、4年苗です。
先着順、お値段は送料込み ¥4500です。
ご注文はメール noguchi@fmiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
01.jpg

1.jpg

4号ポット入り、2年苗、1ポットのみ
先着順、お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
004.jpg

04.jpg

『雨が欲しい!』

| トラックバック(0)

今日も28度ですね。
湿度があり蒸しています。
さて、暑くても咲いているニゲル交配です。

6.jpg

そして、実生バラの5番目の開花です。

007.jpg

『今日も夏日!』

| トラックバック(0)

昨日に続き今日も夏日になりそうです。
汗が止まりません。
さて、トウゴマが成長して定植待ちになりました。

01.jpg

高麗人参は花が終わり、楕円形のタネがついています。

1.jpg

この大きさになると来季は開花です。
オドルス・ゴールドパインが花粉親です。
4号ポット入り、2ポットのみ、先着順
お値段は送料込み¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

  完売しました。
18.jpg

19.jpg

『実生バラ』

| トラックバック(0)

今日は29度の予報です。
既に暑くなっています。
さて、4番目の実生バラが咲きました。
皆それぞれ花が異なります。

8.jpg

どこの育種家も試みたことのない交配です。
Only One Foiwerはいいです。
簡単にはチベタヌスは交配してくれないんです。
2年苗です。4号ポット入り、1ポットのみ
先着順 お値段は¥3500です。
この葉性から見ればチベタヌスです。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。
  完売しました。

004.jpg

04.jpg

これが親株です。タネはセルフのタネです。
お値段は送料込み2粒 ¥1500です。
6セット販売、先着順です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。
残り2セットです。

002.jpg

3年苗です。5号ロング入り、1ポットのみ
先着順、お値段は送料込み¥4000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
発送は代引き郵便です。
完売しました。

01.jpg

1.jpg

店の花壇からはみ出たジュンベリーの実が
色づきました。
癖のない味でアイスクリームのトッピング
にいいです。
そして、毎年剪定してもはびこるヤマホロシ
です。

004.jpg

04.jpg

今年、中国甘粛省へ旅した時のチベタヌスをフォトブック
にしたものです。
書店にはないです限定販売です。
表紙のような自生地のチベタヌスが24Pに載っています。
販売冊数は先着4冊です。お値段は1冊 ¥1500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
メール便でお届けします。中に振り替え用紙を入れますので、
郵便局でお支払下さい。
残り1冊です。今後、貴重な資料になります。
世界で今あるはこれだけです。

007.jpg

『フェチダスのタネ』

| トラックバック(0)

フェチダスは子房からタネがこぼれるには
時間がかかります。
それはタネ同士がアライオソームでしっかり
繋がっているからです。

11.jpg

『ニゲル×節分草』

| トラックバック(0)

何度もこの交配をしてみましたが、
節分草らしさが葉性には出て来ませんでした。
この苗に関しては満更ではありません。

10.jpg

『絞りナデシコ』

| トラックバック(0)

今朝も実生の絞りナデシコが咲いていました。
実生だとかなり変異がでますね。

9.jpg

交配は成功したようですが、余りにも
小さすぎて成長は望めませんね。

01.jpg

1.jpg

『メダカの産卵』

| トラックバック(0)

今の季節、メダカがよく卵を産みます。
観察していると気温が上がる午後に
産卵するようです。

25.jpg

4月に孵化したメダカです。
これは大きくて元気がいいです。

26.jpg

『トマト』

| トラックバック(0)

届いたばかりのトマトです。
これも初物です。
初物を食べると10日は長生きが出来るとか?
冷やしてマヨネーズで頂きます。

8.jpg

『絞りナデシコ』

| トラックバック(0)

絞りナデシコの実生です。
前回のブログではホワイトの無地でしたが、
今回は淡い絞りが入った花です。

15.jpg

『交配は出来ない?』

| トラックバック(0)

まだまだ、ニゲルやニゲル交配が咲いて来ます。
気温が高いので、花も咲き進んでタイミングが
難しく、花も奇形があります。

13.jpg

14.jpg

『三番目のバラ』

| トラックバック(0)

実生苗で三番目に咲いたバラです。
三番目にして親株と同じ花のようです。
この親株は今年、2月に亡くなった母が
買ってくれたバラです。
親株は元気ですが、これらの実生苗も大切
です。

02.jpg

原種同士の交配はもの凄く成長の早いものと
遅いものになります。
早いのもは葉が枯れて休眠しません。
その中でも花粉親にオドルス・ゴールドパイン
を使うと休眠して遅くなるようです。

007.jpg


『雪割草』

| トラックバック(0)

今年、発芽してポット上げした苗です。
クリスマスローズと発芽時期は同じですが、
まだ本葉は出て来ません。

6.jpg

『庭の花』

| トラックバック(0)

初夏らしくなりました。

ヒピリカムです。

9.jpg

八重咲きドクダミです。

10.jpg

アジサイ・沢美人が満開です。

11.jpg

ムラサキセンダイハギです。秋でなくかなり早く咲きます。

013.jpg

今は日の出が早いので散歩をすませ、暑い日は早朝に
作業を終わらせるようにしています。
いつもの千川上水沿いで咲いてる花です。

いい香りのするスイカズラです。

19.jpg

こちらは卯の花です。
グリーンにホワイトの花は散歩してると目に入って来ます。

20.jpg

『ポット上げ後!』

| トラックバック(0)

これはと思える交配の苗のポット上げも
終わりました。
上手く活着した苗や枯れてしまった苗も
あります。

チベタヌス交配は本葉のままですが
元気です。

004.jpg

04.jpg

ステルニーは本葉が増えて来ています。

4.jpg

『沖縄梅雨入り?』

| トラックバック(0)

今朝のニュースでは沖縄地方に梅雨入り?
と聞きました。
それにしても東京は気温が高く、水やりなしでは
クリスマスローズも維持は難しいくらいです。
今季は他に毎日、キジバトの餌やりが日課になり
ました。

38.jpg

『トマト&イチゴ』

| トラックバック(0)

庭にあった昨年のトマトからタネがこぼれて
発芽してきました。
折角なので、ポットで育ててみます。

13.jpg

ピンクの花のイチゴです。
花鑑賞用なので、味はどうでしょうか?

14.jpg

『新じゃが』

| トラックバック(0)

採りたてのジャガイモを実家から貰いました。
今朝、茹でて戴くことにしました。

6.jpg

茹でたジャガイモです。

007.jpg

『大きくならない!』

| トラックバック(0)

属間交配で1年苗です。
まだ、こんな大きさです。

62.jpg

63.jpg

昨日載せた実生バラの親株です。


100.jpg

上の親株から自然に採れたタネから開花した
バラです。
こう見るとクリスマスローズより個体差が出てますね。
これは今日、咲いた実生バラです。

25.jpg

これは昨日、載せた実生バラです。

26.jpg

『ポット増し』

| トラックバック(0)

春に4号ポットに増したばかりですが、
成長が早く、小さい蕾もついていて、
大株の状態で花をみたいので、ポット
増しすることにした属間交配です。

9.jpg

10.jpg

『うちわ葉の次は!』

| トラックバック(0)

期待は裏切られて、整形でない三枚葉でした。


04.jpg

『実生バラ』

| トラックバック(0)

昨年、11月5日に播種した赤いバラが
約6ヵ月間で咲いてくれました。
この後は大きなポットに植え替えて、
出来たら大株したいと思っています。

19.jpg

20.jpg

新葉のステルニィーにも青虫がいました。

13.jpg

14.jpg

『リヴィダスのタネ』

| トラックバック(0)

やっとリヴィダスのタネが採れました。
クリスマスローズの中では一番小さいタネです。

88.jpg

89.jpg

『夏を先取り!』

| トラックバック(0)

実家から採りたてのキュウリを貰いました。
早速、キュウリ味噌で頂きました。
子供の頃の手伝いはキュウリとナスの収穫でした。
収穫は8月頃でしたので、随分と早く採れるように
なりました。

73.jpg

『チベタヌスの害虫』

| トラックバック(0)


害虫にとってチベタヌスは美味しい植物なんですね。
他のクリスマスローズには被害はそんなにないのですが、
ダンゴ虫、ナメクジ、青虫がつきます。

ダンゴ虫の被害で葉の色が変わっています。

69.jpg

ナメクジに夜な夜なかじられて葉が傷んで
ほとんど枯れています。

70.jpg


青虫に食べられてぽっかり穴が開いています。

71.jpg

72.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

高麗人参の花が外側から咲き、ついに
タネらしきものが膨らんで来ました。

68.jpg

『属間交配の成否』

| トラックバック(0)

ニゲルをタネ親にした属間交配だとホワイトの
花がほとんどです。
今、同じ状態で咲いた花色の違いでこの交配の
成否が確認出来ました。

左側が属間交配です。 右側はニゲルです。

65.jpg

66.jpg

67.jpg

原種アーグチフォリウスも花茎が枯れこんで
新茎も出てきましたので、カットしました。

46.jpg

47.jpg

『ミニトマト』

| トラックバック(0)

毎年、いくつかの夏野菜をプランターで
育てては成長をみて楽しんでいます。
とりわけこのミニトマトは手間いらずです。

45.jpg

初めての交配です。
レンゲショウマは東京の御岳山では8月に花が咲く
キンポウゲ科の植物です。
ニゲルをタネ親にしています。
今の段階では交配の成否は分かりません。

49.jpg

フェチダスはいつまでも花茎をつけていると
みすぼらしくなってきます。
新しい茎が出てきたので、カットしました。

43.jpg

44.jpg

『タネが危ない!』

| トラックバック(0)

フェチダス、リヴィダス、アーグチフォリウスなどの
有茎種のタネにはアライオソームと言われる甘い部分
があり、これを求めて蟻が来て、タネごと蟻の巣へ
運んでしまい、気が付く頃にはタネがなくなっています。

30.jpg

この三角の部分にアライオソームがあります。

31.jpg

今朝は早めに起きて気合ばっちりでしたが、
昼には汗が止まらず予定は断念しました。
ニゲル交配も暑さで花が咲き進んでしまいました。

1.jpg

002.jpg

『実生のバラが!』

| トラックバック(0)

あともう少しで実生のバラが咲いてきます。

37.jpg

『チベタヌスのタネ』

| トラックバック(0)

秋に輸入した中国・甘粛省のチベタヌスに
花が咲きタネが採れました。

36.jpg

『タネの採り蒔き』

| トラックバック(0)

私の場合は採れたタネから赤玉土に蒔いて
これから赤玉土が乾かない程度に発芽まで
潅水します。

35.jpg

『梅雨入り前に』

| トラックバック(0)

今日も夏日の予報です。
この暑さが終わると次は梅雨入りですね。
その前には残しているクリスマスローズの
ポット上げをしなくてはいけません。

34.jpg

『ナデシコ』

| トラックバック(0)

前回は絞りナデシコのタネを採り咲いた花が
淡い絞りでしたが、今度は涼しげなホワイトでした。

33.jpg

『夏日?』

| トラックバック(0)

新葉が固まっていない苗はこの暑さで
しんなりしています。

8.jpg

『斑入りニゲル』

| トラックバック(0)

ポット上げした斑入りニゲルです。
斑入りは直射日光に弱く、暑さも
苦手なので、自然消滅してしまいます。

15.jpg

『ヤゴ』

| トラックバック(0)

昨年、メダカの水槽にトンボが卵を産み付けて
孵化し成長したヤゴです。
脱皮した抜け殻が右側にあります。

14.jpg

『アメリカヅタ』

| トラックバック(0)

東京地方は30度の予報です。
最近は水やりは夏と同じに朝夕の2回です。
なぜかその方が成長がいいですね。
さて、鑑賞用に購入したアメリカヅタの
斑入りで暑さも薄らぎます。

13.jpg

『申し訳ないです。』

| トラックバック(0)

棚の下で咲いてたバラですが、名前が分かりません。

追伸、知人からマザーズディと連絡を頂きました。

007.jpg

『宇宙基地かな?』

| トラックバック(0)

ニゲラの莢が膨らんで、ドームのような
宇宙基地が出来上がりました。

6.jpg

『レモンの花』

| トラックバック(0)

ミカンやユズの花はホワイトです。
レモンが淡いピンクとは知らなかったです。

25.jpg

26.jpg

『雨が久しぶりに』

| トラックバック(0)

にわか台風の御かげでカラカラの土地が
潤いました。
でも、気温が夏日になりそうですね。
さて、クリスマスローズのタネ採りも
残りはフェチダス、リヴィダスくらい
になりました。

19.jpg

20.jpg

『ニゲラ』

| トラックバック(0)

ピンクのシングルのニゲラも咲いてきました。

32.jpg

どちらも花が咲いてきました。
薬効がより多くあるのは高麗人参です。
ウドや明日葉と同じウコギ科です。
左側がトチバニンジンです。

30.jpg

トチバニンジンの葉の上いた蜘蛛です。
餌をゲットしてました。

31.jpg

『オダマキ』

| トラックバック(0)

以前に購入したオダマキがこぼれて
開花してきました。

93.jpg

『トウゴマの発芽』

| トラックバック(0)

赤茎で鑑賞価値のあるトウゴマが発芽
して来ました。

92.jpg

アジサイの沢美人です。
イエローのガクアジサイです。

1.jpg

こちらはピンク?花が咲く
オーレア葉のレモンダディーです。

002.jpg

今日は国際バラとガーデニングショウの特別内覧会へ
行ってきました。
一般者の会期は5月12日~5月17日です。

65.jpg

66.jpg

67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

72.jpg

71.jpg

73.jpg

何度交配してもチベタヌスの面影が出てくる
苗は少ないです。
そんな中でこの苗はチベタヌスの血を引いて
ます。

004.jpg

『千川上水の花』

| トラックバック(0)

新緑がいつの間にか日陰を作るように
なりました。
今朝は空気が冷たくて朝日が恋しく思いました。
近くの千川上水をよく見ると色々な花が咲いています。

アヤメです。

483.jpg

エゴの木です。

484.jpg

ムラサキツユクサです。

485.jpg

このキジバトはいつもの番いではないようです。
体・形・羽色では区別が出来ないのですが、
早朝に1羽で来て餌を食べる仕草がぎこちないのです。
前から番いと縄張り争いをしているキジバトと思います。

283.jpg

この黒メダカはいつも動き廻っていて落ち着きのない
メダカです。
ですから、ゆっくり泳いで餌を食べていません。

284.jpg

『あるがままに!』

| トラックバック(0)

春に花を咲かせたラナンキュラスやアネモネは
季節とともに休眠に入って行きます。
これを見て可哀想と水や肥料を上げると見事に
夏には枯れてしまいます。
これからは徐々に水をきらして自然に枯れる
のを待ちます。
完全に枯れたら水をやらずに秋までそのままに
して、秋に球根を植え替えてやります。

27.jpg

『さぎ草』

| トラックバック(0)

新しいミズゴケに植え替えたさぎ草です。
毎年、花を咲かせるようになりました。

04.jpg

今回、採れたタネがタイトルものです。
タイトルは長いですがタネ親・花粉親にオドルス・ゴールドパイン
を使用しています。
より速い成長と香りのオドルス・ゴールドパインを目指しています。


274.jpg

275.jpg

タネは3袋分まとめています。

276.jpg


『すきりしました。』

| トラックバック(0)

斑入りアーグチフォリウスの花が終わり、
タネ採りをしょうと残していた花茎が
倒れて汚らしかったのですが、新茎も
伸びてきたのでカットしました。

240.jpg

241.jpg

『高麗人参の花』

| トラックバック(0)

コージーガーデンすぎやまさんにお願いして分けて戴いた
高麗人参に花が咲きました。

57.jpg

ステルニー系などは本葉が1枚出てきてから
遅れて双葉になります。

259.jpg

昨年、発芽してここにきてポット上げしました。
まだ、交配の成否は分かりません。

258.jpg

最後の最後の力をふりしぼって咲いてます。

150.jpg

151.jpg

『メダカの卵』

| トラックバック(0)

いつもは1粒づつで糸に絡んでいますが、
今朝はまとめて水草についていました。

119.jpg

孵化したメダカにはこの餌を上げます。

140.jpg

孵化した赤ちゃんメダカです。
大人になるまで1年以上かかります。

141.jpg

『味噌汁』

| トラックバック(0)

堀りたての小さい竹の子を薄くスライスにして
お湯に通してから味噌汁の具に入れて、毎日
戴いています。

260.jpg

『キジバト』

| トラックバック(0)

餌を貰おうとハウスに居ると近づいて来る
ようになりました。
餌は鳩の餌で最初にトウモロコシから食べています。
雌バトはやや警戒心が強く、オスは食いしん坊
でしつこく近づいて来ます。
左側が雌です。
オスは体も一回り大きいです。

62.jpg

細葉が特徴のボッコネイ×アブルジクスにも
いきなり黄色い葉が出てきました。

61.jpg

『メダカ』

| トラックバック(0)

クリスマスローズの作業をやめてふと見てしまう
メダカです。
卵をつけてるメダカもいます。
しかしメダカがいると卵を食べてしまいます。
卵は別のゲージに入れて孵化させています。

004.jpg

『小さいけれど』

| トラックバック(0)

今日も夏日のようです。
まだまだ、小さいけれど蕾もついて
花が咲いてるニゲルやニゲル交配です。

15.jpg

16.jpg

チベタヌスの苗です。
発芽したポットであと1年様子を見たいところですが、
他のクリスマスローズと同様にポット上げをすること
にしました。
夏までに力をつけることに専念します。

002.jpg

前回のブログでは開花したばかりでした。
今回は満開です。

ニゲラです。ホワイトとブルーです。
雌蕊が曲がっていますね。

161.jpg

162.jpg

シラン三蝶咲きです。

200.jpg

『アブルジクス』

| トラックバック(0)

タネ採りをしているアブルジクスです。
高性で大株の株です。

40.jpg

41.jpg

『竹の子堀り』

| トラックバック(0)

連休も終わり、今朝は雨が降り出しました。
その前にラストオーダーになる竹の子堀りです。

27.jpg

『プルプラセンス』

| トラックバック(0)

クリスマスローズの原種にはそれぞれ葉に
特徴があります。
このプルプラセンスの葉は横に広がり柔らかい
印象を受けます。

21.jpg

『多弁花苗』

| トラックバック(0)

いきなり、イエローの新葉が出ています。
一時的ですね。でも興味があります。

11.jpg

『超早 バラ!』

| トラックバック(0)

超びっくりです。
昨年、11月5日に赤いバラのタネを播種しました。
今年1月1日には発芽、3月31日に7.5cmポットに。
そして、5月5日に2苗に蕾がついていました。

18.jpg

今日もタネ採りです。
先日のブログの中でチベタヌスを交配した
タネは小さいと書きましたが、やはりその
ようです。
左側は4倍体×チベタヌスです。
右側の4倍体セルフのタネと比べるとはるかに
小さいタネになっています。

17.jpg

『赤は赤に!』

| トラックバック(0)

この赤の花は子房の中まで赤です。

02.jpg

『ニゲラ』

| トラックバック(0)

昨年、9月に播種したニゲラ(クロタネ草)が開花
しました。

002.jpg

『トチバニンジン』

| トラックバック(0)

昨日は南風の熱風、今朝は北風の冷風です。
新葉が固まり、蕾のついたトチバニンジンを
ハウス内に避難しました。

1.jpg

『何粒?』

| トラックバック(0)

あのお茶袋に入りきれない子房からタネが
こぼれそうです。
何粒あるでしょうか?

235.jpg

なんとびっくり74粒ありました。

236.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

今日は熱風が吹いています。
水の乾きが早くこまめに灌水しないと
クリスマスローズのダメージが多くなります。
さて、イエローニゲルです。
花粉親の開花時期に合わせて咲いてきたようです。

01.jpg

『連休でも休みなく』

| トラックバック(0)

今日も26度の予報です。
連休でも竹の子堀りは続いてます。

11.jpg

今日は連休のさなか大阪から見えたお客様と
話が弾んでカラオケへ行きました。
本当にこの植物が縁で楽しい時間を過ごしてます。
この方の情熱には頭が下がります。
この方の日本クリスマスローズの会報に午前2時
まで交配していると書かれています。
私も負けずに頑張らないといけませんね。
さて、アジサイ沢美人をご存知ですか?
黄色いアジサイです。
今年になってどうやら花が咲くようです。

119.jpg


140.jpg


同じ交配で気になる苗は早めに植え替え
をしました。
1年の差は大きいですね。

112.jpg

『斑入りは小さい』

| トラックバック(0)

同じ交配から出てきたフェチダスです。
本来はゴールドブリオンなので斑入りです。
やはり、グリーン葉は光合成も活動的で
グリーンの方が大きいです。

111.jpg

個性豊かなニゲルは気候の変動や交配などで
夏を除くシーズンに咲いたりします。
ただ、気温が高いと花の咲き進みも早くなります。
今日現在、咲いてるニゲルORニゲル交配です。

229.jpg

230.jpg

231.jpg

233.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

4年目の高麗人参です。
花は3年目でも咲きますが、小さいです。
出はじめはゼンマイのような葉っぱでしたが、
今はすっきり広がり全身で太陽に向かい
光合成をしています。

51.jpg

『メダカ』

| トラックバック(0)

ここ1週間で次々と孵化してきました。
この分ではこのゲージでは直ぐに狭くなりそうです。

50.jpg

同じタネ親からのタネです。
左側は花粉親がハイブリッドです。
右側は花粉親がチべタヌスです。
一般にチベタヌス交配だとタネの大きさは
小さくなります。

107.jpg

『お食事中!』

| トラックバック(0)

タネの採取をしていると葉っぱの上で
蜘蛛が食事をしていました。

106.jpg

『トウゴマ』

| トラックバック(0)

昨年、タネ採りをして播種しました。
茎が赤く葉の切れ込みが魅力です。
ひまし油にも使用されます。

02.jpg

『高麗人参』

| トラックバック(0)

最初に播種した高麗人参が発芽しました。
日当たりや乾燥など育てた経験がないので、
毎日、手さぐりで観察してます。

002.jpg

『三蝶咲きシラン』

| トラックバック(0)

戴き物の三蝶咲きシランが初めて花を咲かせます。
花が咲かなかったので、昨年から日の当たる日向で
育てていました。

1.jpg

『竹の子三昧』

| トラックバック(0)

連休もまた竹の子堀りです。
今日も27度の予報です。
熱中症に注意して作業します。

01.jpg

中国・陜西省の植物園にチベタヌスがあるとのことで
植物園に行きました。
残念ながら昨年自生地から持ち帰りポットに植えた
株が2つあるだけでした。
この園の担当者が我々をこの株のあった場所に案内を
してくれる予定でしたが数日前の大雪で雪が腰まで
あり見学を断念しました。

248.jpg

249.jpg

250.jpg

251.jpg

252.jpg

253.jpg

『チベタヌス交配』

| トラックバック(0)

このハイブリッド×チベタヌスの交配でどうやら交配
したと思われるのはこの1株だけです。
他はハイブリッドと同じ花が咲きました。
この株は来季開花します。

4.jpg

『プリムラ&ニゲラ』

| トラックバック(0)

連日の夏日でハウスの中は遮光しても暑いです。
毎日、水やりをしないと乾きが早いです。
さて、まだ咲いていなかったプリムラや
ニゲラが咲いてきます。

86.jpg

87.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。