『苞皮取り』

| トラックバック(0)

輸入チベタヌスです。
浅植え、深植えでもなく丁度いいのが
この鉢です。しっかり成長してます。

244.jpg

深植えは用土を取り除くと苞皮が腐りこびりついて
います。
このままでは蕾ごと枯れてしまいます。

245.jpg

蕾が出やすいように苞皮の傷んだ部分をピンセットや
鋏を使い取り除いてやります。
また、芽だけのものも葉が展開しないようでしたら
状態を見ながら切れ込みを入れてやります。

246.jpg

追伸、チベタヌスに限らず海外からの輸入株は蕾が
ないのがほとんどです。
花を咲かすことでかなりエネルギーを消耗します。
今季は花を咲かすことより株の充実を優先します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fumiya.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2894

このブログ記事について

このページは、店主が2014年11月30日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ピンクアイス』」です。

次のブログ記事は「『アトロ交配』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。