2014年11月アーカイブ

『苞皮取り』

| トラックバック(0)

輸入チベタヌスです。
浅植え、深植えでもなく丁度いいのが
この鉢です。しっかり成長してます。

244.jpg

深植えは用土を取り除くと苞皮が腐りこびりついて
います。
このままでは蕾ごと枯れてしまいます。

245.jpg

蕾が出やすいように苞皮の傷んだ部分をピンセットや
鋏を使い取り除いてやります。
また、芽だけのものも葉が展開しないようでしたら
状態を見ながら切れ込みを入れてやります。

246.jpg

追伸、チベタヌスに限らず海外からの輸入株は蕾が
ないのがほとんどです。
花を咲かすことでかなりエネルギーを消耗します。
今季は花を咲かすことより株の充実を優先します。

『ピンクアイス』

| トラックバック(0)

イギリスのアシュウッド・ナーセリーの
ピンクアイスに蕾がつきました。

243.jpg

苞葉のスポットです。
どんな花ですかね。

241.jpg

ニゲル×斑入りリヴィダスです。
グリーンの蕾です。

242.jpg

『再建は完了』

| トラックバック(0)

後から入る資材を除いて再建が完了しました。


240.jpg

『ルネサンス』

| トラックバック(0)

ニゲル×リヴィダスゴールドリーフです。
兄弟でも変異があります。

239.jpg

『ミカン』

| トラックバック(0)

リヴィダス・ミカンとその発芽苗です。

237.jpg

発芽した苗です。


238.jpg

小輪のブラックがタネ親です。
初開花します。

236.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

属間交配です。
こちらの方が色がついています。

235.jpg

『ポストカード』

| トラックバック(0)

来年の日本クリスマスローズ協会のポストカード
が出来上がりました。
画像は私が今年3月19日に中国四川省宝興県
で撮影したものです。

234.jpg

『日暮れが早くて』

| トラックバック(0)

輸入チベタヌスを地植えにした株です。
暗くなりストロボで撮影しました。
葉はポットに植え込んだ株よりグリ―ン
です。
地植えも鉢植えも植え付ける深さも重要です。
深く植えると力のない株はそのまま枯れて
しまいますので、早く用土を芽が出るくらいに
取り除くといいです。
浅く植えた株は強い日差しで包皮が乾いて
花が出てこないこともあり、包皮を鋏などで
切れ込みを入れてやるとこも必要です。

233.jpg

『FUMI』

| トラックバック(0)

鑑賞するなら今が旬です。
ニゲル×フェチダスゴールドブリオン

232.jpg

少しずつですが、蕾のある株が増えて来ました。

231.jpg

『屋根が張れました。』

| トラックバック(0)

2棟のハウスの屋根が張れました。
ここまで来ると雨でも作業が出来ます。

230.jpg

『大輪とは?』

| トラックバック(0)

個人的な見解になりますが、花弁の両端の
長さが6cm以上くらいですかね?
このKANEは8cmありますから大輪です。

228.jpg

『ハウスの再建』

| トラックバック(0)

今週は2日間、雨が降りハウスの再建が遅れて
います。
天気予報では明日も雨のようです。

229.jpg

『雪割草』

| トラックバック(0)

雪割草にも花が見えて来ました。

71.jpg

今季は実生から花も咲きそうです。

72.jpg

今年は夏越して元気な株から種類に
お構いなく咲いて来ています。

70.jpg

『水耕栽培』

| トラックバック(0)

2日連続の雨で水耕栽培になりました。

223.jpg

『マーブルニゲル』

| トラックバック(0)

セルフ実生からのマーブルニゲルです。
この模様が出る確率は50%くらいです。
後は無地です。

69.jpg

今年は明らかにチベタヌスの交配と言える
苗はほとんどありません。

67.jpg

68.jpg

『葉っぱだけです。』

| トラックバック(0)

雨も強く、風もあるので、体感温度は
冬です。
属間交配の葉っぱの下には蕾もあります。
今日は葉っぱだけお見せします。

160.jpg

『今日も雨です。』

| トラックバック(0)

元々竹畑だった所なので、ハウスの屋根が
なくなり、足元がぬかるんでいます。
北風もあり肌寒いです。
ニゲル交配も連日の雨では花が傷みますね。

141.jpg

少しピンクが入っていますが、薄れています。

150.jpg

151.jpg

『KANE』

| トラックバック(0)

雨の1日ですね。ハウスの再建の作業はお休みです。
KANEは亡き母の名前です。
今が最高の撮影時期です。

118.jpg


兄弟株です。元気に蕾が上を向いています。

119.jpg


140.jpg

『ただ今、再建中!』

| トラックバック(0)

前回は竹を切った後にハウスを建てたので、
搬入や建てつけは簡単でした。
今回は棚の上にはクリスマスローズもあり
神経を使い、工期は長くなります。
私は合間に水やりです。

117.jpg

『チベタヌス』

| トラックバック(0)

11月8日のチベタヌスで元気のいい株は
一人で出てきました。

116.jpg

そうでない株はまだ用土のなかです。
ちょと心配です。

『クロアチクス』

| トラックバック(0)

クロアチクスは当店の環境に合うのか?
3株目の開花待ちです。

115.jpg

『KANE』

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年も早期に開花した属間交配です。
11月20日の株です。
兄弟株にも蕾がついて上向きに伸びています。
花も大輪で自慢できる花が出てきました。
KANEは母の名前です。
追伸、もし出来るならチベタヌスと交配して
楊貴妃と名づけたいです。

114.jpg

この株は初開花なので、香りの有無はまだ分かりません。

113.jpg

『ゴールド&その他』

| トラックバック(0)

ゴールドが咲きました。

108.jpg


FUMIです。

111.jpg


ピンクのエリクッスミシーです。

112.jpg

『ハウスの再建』

| トラックバック(0)

今日は職人さん達はお休みです。
壊れていたハウスを見ていたので、
こんなに大きいハウスだったとは
思いませんでした。
作業がないので、水やりです。
今週の前半には再建します。

96.jpg

『ヒデコートダブル』

| トラックバック(0)

イギリスの地名がつけられたネクタリーの
残るダブルです。
当店で最初に咲くダブルです。

95.jpg

『やっと咲きました』

| トラックバック(0)

毎日、成長をみてきたので、それほど実感はありません。
属間交配でこの交配から初めて咲いたものです。
今現在は三頭身です。

93.jpg


94.jpg

『今日から再建です。』

| トラックバック(0)

今年の雪には泣かされました。
自然の力にはかないませんね。
2月は消費税が上がる前に駆け込み需要で
資材はありません、それに人手もありませんでした。
正直、クリスマスローズのことは諦めようと思いました。
2棟あるハウスが全壊でした。
でも、出来ることを考えて、知人にサポートやアドヴァイスを
もらいこの暑い夏を乗り切れました。
そして、今日やっと業者さんが来て古いハウスの撤去が始まりました。

92.jpg

『輸入チベタヌス』

| トラックバック(0)

この株は11月8日に来た時からシースが割れて
いました。

90.jpg

標準はこの大きさの蕾です。


91.jpg

『ボッコネイ』

| トラックバック(0)

シチリア島産のボッコネイに花が咲きました。
2008年のタネからなので東京の気候にも
馴染んで来ました。

89.jpg

『水やりの注意!』

| トラックバック(0)

前のも載せた属間交配です。
上向きの花は鉢元に水やりをしないと
花弁に水が溜まり花が痛みます。

07.jpg

7.jpg

『寒さになれると!』

| トラックバック(0)

ここ数日、気温が上がらず重ね着をしてます。
クリスマスローズも寒さに体を合わすために、
小休止しています。
でも、少しずつ大きくなっています。
この属間交配もちょっと大きくなっています。

007.jpg

『ニゲラ』

| トラックバック(0)

キンポウゲ科の黒タネ草です。
移植を嫌うので、発芽後早めに植え付けました。

003.jpg

『エリックスミシー』

| トラックバック(0)

複雑な色合いの花が咲きました。
後半はより複雑になります。

001.jpg

『エリックスミシー』

| トラックバック(0)

ニゲル×ステルニーです。
蕾のベインが興味深いです。

80.jpg

『光る葉ボタン』

| トラックバック(0)

初めて見る光る葉ボタンです。
成長の過程を観察してみます。

79.jpg

『キキョウとリュキア』

| トラックバック(0)

キキョウが休眠した後にこぼれダネから
のなかリュキア(ラナンキュラス)が出てきました。
そろそろ鉢も小さくなったので、株分けをしました。

76.jpg

キキョウには芽が沢山ついています。

77.jpg

株分けして、リュキアは別のポットに植えて完了

78.jpg

『はっきりしなくて!』

| トラックバック(0)

だんだん寒くなり、手袋と帽子がないと
早朝散歩も出来なくなりました。
そして、花も開花しないで止まっています。

47.jpg


48.jpg

『エリックスミシー』

| トラックバック(0)

初開花の交配です。
ぼけた色よりはっきりした色がいいです。

66.jpg

自生地採取の株にもやっと花がつきそうです。

65.jpg

『オーレアのタネ』

| トラックバック(0)

昨年は12月1日にタネが採れました。
今年は11月15日でした。
今年は冬が早くなるかも知れませんね。

71.jpg

72.jpg

『クロアチクス販売』

| トラックバック(0)

株分けです。ともに6号スリット入り
毎年、早く開花します。
2ポット販売、先着順
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

2ポット完売しました。


NO1 お値段は¥3000です。

62.jpg


NO2 お値段は¥3500です。

63.jpg

『色づきました。』

| トラックバック(0)

今朝は霜が降りていました。
黄葉した葉がパラパラ落ち視界が
開けて来ました。
ニゲル交配も薄らと黄色くなりました。

61.jpg

春に販売した苗の兄弟です。
小さいです。1ポットだけです。
交配しても自信のある苗は限られてます。
先着順 4号ポット入り
お値段は¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
60.jpg

『GOOD LUCK』

| トラックバック(0)

この時期、苗も日差しと水分、肥料で
どんどん成長してきます。
中には期待が高まるものも出てきます。

59.jpg

『見かけによらずに』

| トラックバック(0)

原種デュメトラムもそうですが、デュメトラム
を交配した株は用土の中では沢山の芽をつけて
います。
原種の中ではコンパクトでその分、根バリが
いいようです。

58.jpg


『ゴールド交配』

| トラックバック(0)

ゴールドネクタリーの孫になります。
様々な遺伝子が入り、より力強くなったようです。

57.jpg

『小さくても!』

| トラックバック(0)

2年苗です。葉は少なく小さいが花が
咲きそうです。

56.jpg

『ピコティー葉』

| トラックバック(0)

DDY×DDゴールドの交配のF1です。
親株はDDダークイエローです。
この交配で初めて出てきました。

55.jpg

3年苗です。9cmポット先着順
お値段は¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
代引き郵便で発送します。

完売しました。
53.jpg

54.jpg

『ルネサンス販売』

| トラックバック(0)

当店で交配したニゲル×リヴィダスゴールドリーフ
から生まれた種間交配種です。
今回1株のみの販売です。
お値段は送料込み¥4000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
6号スリット入り、先着順
発送は代引き郵便です。


51.jpg

52.jpg


参考、兄弟株の蕾の状態です。

50.jpg

『次の花が!』

| トラックバック(0)

一番花はまだ咲いていませんが、次の花が
下からのぞいています。

46.jpg

『ステルニー』

| トラックバック(0)

斑入りステルニーの蕾です。
最近、ステルニーも色んな葉性の
ものが出てきました。

45.jpg

『ベシカリウス』

| トラックバック(0)

とりあえず新葉が出てきました。

44.jpg

『セミダブル』

| トラックバック(0)

属間交配のセミダブルが咲きました。
花弁がバラバラですね。

43.jpg

『ボッコネイ』

| トラックバック(0)

原種の中では香りのあるタイプです。
香りの強いもの、そうでないものそれぞれです。
開花時期はオドルス、リグリクスより平均して
早く咲き出します。
花数は他の香りのある原種と同様に少ないです。

45.jpg


『チベタヌス販売』

| トラックバック(0)

11月8日に到着した中国・甘粛省の
チベタヌスを6号ロングに定植した株です。
3ポットのみ、先着順
お値段は¥5500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

完売しました。
16.jpg

『ハイブリッドの蕾』

| トラックバック(0)

充実した株には蕾がついてきました。

20.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

昨日の画像ですが、間違えて消してしまいました。
属間交配で花形、色に特徴が出てます。

19.jpg

『本来の発芽』

| トラックバック(0)

先日のリヴィダスの発芽は異常に早くて、
これが現在、発芽したリヴィダスです。

18.jpg

休眠前で葉は枯れこんできました。
4年苗です。
4号ロング入り、2ポットのみ
先着順、お値段は送料込め¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

1.jpg

002.jpg

『チベタヌスの定植』

| トラックバック(0)

輸入チベタヌスは養生はされていても
採取から時間が経過しています。
出来るだけ早く定植することがカギです。
少し深か植えの方が無難です。
これは急いで定植したので、気持ち浅いようです。
何度か経験して今回は用土を変えてみました。
用土は自生地の環境に合わせ、ポット植えや育てる環境を
考慮して決めています。
お客様には地植にされる方がいられます。
私もあるところにTESTで植えてみました。
折りをみてUPします。

01.jpg

『チベタヌス販売』

| トラックバック(0)

上等のものです。
中国、甘粛省産輸入株です。
長さは30cmは超えています。
2株のみ、先着順
お値段は¥4000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
1.jpg

本日、午後に中国、甘粛省のチベタヌスが
入荷します。
値段などの詳細は到着次第、UPします。

画像は皇帝ダリアでチベタヌスではありません。

01.jpg

『ロストラベル』

| トラックバック(0)

エリックスミシーだと思うのですが、
ラベルがなくなり親株が分かりません。

001.jpg

『リヴィダスの発芽』

| トラックバック(0)

思わぬポットから発芽していました。
こぼれ種です。
リヴィダス、ステルニーは発芽の早い品種です。
しかし、何の処理もしないで今の発芽には驚きです。

0001.jpg

『自然界には?』

| トラックバック(0)

自生地の花はそこの環境、趣き、時代を
じっくり肌に教えてくれます。
この花は自然界にはあり得ない、交配の花
です。
でも、初めて見る方はこんなこと関係ないですね。
慣れてしまうといいものはいいですね。

42.jpg

4号ロング入り、3年苗
1ポットのみ、先着順
お値段は¥4000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

40.jpg

41.jpg

『ムルチ・ムルチ販売』

| トラックバック(0)

ヘルツェゴヴィナの西部のムルチ・ムルチです。
実生4年です。4号ロング、先着順
お値段は¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

  完売しました。
38.jpg

39.jpg

1年苗の斑入りです。
枯れずに出てきました。

37.jpg

『ヤモリ』

| トラックバック(0)

クモや小昆虫がエサになります。
我がハウスの守り神です。

36.jpg

『期待株!』

| トラックバック(0)

来季、開花は無理かも知れません。
色々、新葉を見てますが期待が高まる株です。

35.jpg

クロアチアとボスニアの国境付近に自生して
いる各原種の交雑種と思われます。
自生地採取株です。
4号ロング、1ポットのみ、先着順
お値段は¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238

完売しました。
33.jpg

34.jpg

『FUMI』

| トラックバック(0)

ニゲル×フェチダスゴールドブリオンの
別の株です。
この株はピンクが強く出ています。
後半はレッドオレンジになります。

28.jpg


29.jpg

『ネクタリー』

| トラックバック(0)

もう少しで開花します。
セミダブルではないかも知れません。
少しネクタリーが大きいです。

27.jpg

『赤いバラの実』

| トラックバック(0)

自然に出来たバラの実です。
中には硬いタネが入っています。
これも採り蒔きしてみます。

25.jpg

26.jpg

『交配の成否』

| トラックバック(0)

彼岸花 オーレアの交配をしてみました。
見事に、交配をした子房は膨らんでいます。

13.jpg

『形だけ!』

| トラックバック(0)

このニゲル交配は上の一番花は咲きます。
しかし、下の2番花は形だけになります。

21.jpg

『白くない!』

| トラックバック(0)

初めから白くない蕾でしたが、今は
こんな色です。
ライムグリーンです。

20.jpg

『白い蕾が!』

| トラックバック(0)

白い蕾が見えてきました。
この交配は2年で開花した株です。
他の株もステムが膨らんでいます。
早生の品種のようです。

18.jpg

19.jpg

チベタヌスの花粉をつけて、発芽しても
双葉状態ではチベタヌスが交配したかどうか
の判断はつきません。
本葉が出て、3枚葉やチベタヌスの葉の形状が
似ていれば脈ありです。
しかし、もう少し年を経ないと成否は分かりません。
3年目にして、芽や軸が赤いと80%OKです。
でも開花まではちゃんと管理しないとだめです。

15.jpg

『ギザギザ苞葉』

| トラックバック(0)

この苞葉の中には蕾があるようです。
兄弟はddダークでしたので、
近い花が咲くと思います。

14.jpg

『アブルジクス販売』

| トラックバック(0)

親株株分け、4号ロングポット
先着順、1ポットのみ
お値段は送料込み¥5000
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

10.jpg

11.jpg

『何でだろー』

| トラックバック(0)

僕には無理ですす。
いつもハローウインの丸顔の僕には!
こんなビオラが来ました。
何でだろーの漫才師、紅白歌に出ていましたね。
まだまだ、遅れてるクリスマスローズの世界です。
どんどん新らしい花を作らないといけませんね。

9.jpg

『属間交配』

| トラックバック(0)

バイカラ―ですか?
はっきりした色違いです。
これを見るとハイブリッドの10年以上
昔のことを思い出します。
ハイブリッドも進化して今や千重咲きも出て、
今度は属間交配ですね。
目指すはわが道頑張ります。常にフロンテア精神です。

8.jpg

『雨に洗われて!』

| トラックバック(0)

昨日の雨で空気が綺麗になりました。
竹を間引きしてクリスマスローズに
よく日が当たり、雨もかかるように
なり、自然を取り戻したかのようです。

003.jpg

これはニゲルコルスのバレタイングリーンです。

03.jpg

これはニゲルコルスと同じ交配ですが、
  花粉親は斑入りのアーグチフォリウスです。
葉、花全体が淡いホワイトです。

3.jpg

これはエリックスミシーです。

004.jpg

『雨の1日』

| トラックバック(0)

今日は1日、雨ですね。
午前中は鉢増しと株分けです。
午後はハウスもまだ補修していないので、
雨漏りがして作業は中止です。

02.jpg

2.jpg

『SUKIYAKI』

| トラックバック(0)

三連休の初日は雨ですね。
何故か上向きに咲いてるニゲルが多いです。
3年前に池袋のサンシャイシティの新花コンテスト
にSUKIYAKIと言う名で上向きのダブルの
花を出したことがあります。
全部が上を向いて咲くとクリスマスローズのイメージ
も変わりますが。
今日みたいに雨だと花の痛みが早いし、タネがつかな
いことあります。

0001.jpg


001.jpg


01.jpg


1.jpg


002.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。