2014年10月アーカイブ

『出かけた先で!』

| トラックバック(0)

1ヶ月に1度程度出かけるパン屋さんです。
数年前に店のフロントに植えてあるニゲルを見て、
訪れるたびに見ているニゲルです。
夏は四六時中、太陽に当たり葉やけをしていました。
可哀想だと思っていましたが、なすすべもありません。
でも、今日見ると大株になり、そして蕾もついています。
余計なお世話をしなくて良かったです。

7.jpg

08.jpg

八重咲きシュウメイギクの花が終わり、
坊主頭が残りました。
大きさと形が異なりますが、同じキンポウゲ科の
アネモネの坊主頭に似ています。

07.jpg

『斑入り』

| トラックバック(0)

弱々しい斑入りです。
強い日差しでは枯れてしまいます。
葉柄まで白いです。

007.jpg

小葉の多いヘルッエゴヴィヌスを
花粉親にしてみました。
ボッコネイはノコギリ葉です。
分類前のムルチフィダス・ボッコネイの再来
になるかも知れません。

6.jpg

『この株にも色が!』

| トラックバック(0)

淡いピンクが出ています。
開花が待ちきれません。

006.jpg

06.jpg

『1粒だけ!』

| トラックバック(0)

ダイヤモンドリリーのタネが1つだけ
採れました。

5.jpg

『多花性ニゲル』

| トラックバック(0)

ニゲルには有茎種と無茎種の両方の特徴を持つ
株もあります。
有茎種は房咲きなどの多花性です。
葉姿は太陽がよく当たるように横に広がります。
この2株はそのタイプです。
花期は他のニゲルと同じです。

005.jpg

05.jpg

『ちょつと色が!』

| トラックバック(0)

属間交配の初開花ですが、ちよっと
色がついています。

1.jpg

『アブラ虫』

| トラックバック(0)

ボッコネイの蕾の上に群れをなしていました。
ニゲルにもアブラ虫はよくつきますが、
ボッコネイには香りがあるためかよくつきます。

01.jpg

『二色咲きトリカブト』

| トラックバック(0)

午後は晴天で過ごしやすい日です。
どうしてもポットの乾きが早くて
水やりが大変です。
竹のしたの二色咲きトリカブトが
満開になりました。

001.jpg

『ルネサンス』

| トラックバック(0)

朝夕、寒くなってきました。
日の出も遅くなり、布団からでるのに
気合を入れないと出られません。
さて、ニゲルとニゲルをタネ親にした
株には蕾がどんどんとついています。
ニゲル×リヴィダスゴールドリーフの株
にもついています。

04.jpg

4.jpg

『ピンクキキョウ』

| トラックバック(0)

デジカメプリントへ行った際に待ち時間
を利用してお花屋さんを覘いてみました。
愛らしい矮性のピンクキキョウですね。
当店のキキョウにお仲間入りしました。

004.jpg

『木枯らし一番?』

| トラックバック(0)

昨日の夜には木枯らし一番かと思われる
冷たい風が吹き路上には落ち葉が散乱しています。
さて、中央のゴールド×ネオン、左側のボッコネイ×オドルスゴールド
   右側のシクロフィルス×オドルスゴールドの黄葉が鮮やかになりました。

3.jpg
   

『FUMI』

| トラックバック(0)

ニゲル×ゴールドブリオンです。
この株は早く咲いて来ました。

2.jpg

『ダイヤモンドリリー』

| トラックバック(0)

1つだけタネがつきました。
かなり小さいタネです。

002.jpg

『変化朝顔』

| トラックバック(0)

まだ、ぽつぽつと咲いています。

1.jpg

『お茶の花』

| トラックバック(0)

竹の下に生えていたお茶の苗を育てて
いたら咲いて来ました。

01.jpg

『お土産』

| トラックバック(0)

昨日は日本クリスマスローズ協会の
『クリスマスローズの夕べ』があり、
お土産に頂いた金魚草です。

001.jpg

別にアンケートの答えた方にはチベタヌスの
ファイルがもらえました。
このチベタヌスは今年、行った中国四川省の
画像を使用しています。


03.jpg

『蕾』

| トラックバック(0)

徐々に蕾の数が増えてきました。

0001.jpg

『霜降が過ぎ』

| トラックバック(0)

23日は霜降でした。
早朝散歩するにも手袋がほしくなりました。
今朝のニゲルは露に濡れて白さが際立ちます。

5.jpg

006.jpg

『オニカンアオイ』

| トラックバック(0)

屋久島に自生しているカンアオイです。
貴重な品種で大切に育てないといけません。

05.jpg

『気を良くして!』

| トラックバック(0)

彼岸花 オーレアがうまく育ってくれたので、
次には青みがかるブルーパールを育てること
にしました。
早速、お取り寄せです。
来年はより頑張ります。

005.jpg

『クロアチア自生』

| トラックバック(0)

クロアチア。DONJI BABIN POTOK
自生のトルカータスです。
開花はまだしていません。

4.jpg 

『葉巻虫』

| トラックバック(0)

ニゲルの小苗についていました。

3.jpg

004.jpg

中にはこの虫がいました。

04.jpg

オルトランを散布しておきます。

以前に取り寄せたプルプラセンスです。
この株は一番成長のよいものです。
プルプラセンスは葉形に特徴のあるもの
がありますね。

03.jpg

『これも白くない!』

| トラックバック(0)

ニゲルの属間交配です。
葉っぱはニゲルに似ていなくもないです。

003.jpg

『彼岸花 オーレア』

| トラックバック(0)

今年はポットが小さすぎて植え替えて
やろーと考えていましが、面倒なので、
そのままにしました。
すると、分球の兆しで葉が別のところ
から出てきました。

2.jpg

『ダイヤモンドリリー』

| トラックバック(0)

諦めていたダイヤモンドリリーに1つ
莢が膨らんでいました。

02.jpg

『BCC』

| トラックバック(0)

予防接種ではありません。
10年以上前のことだと思います。
日本クリスマスローズ協会で何らか
の理由で配布された苗にBHC、BCC
があり当時、珍しいddでした。
そのF1にピコティー葉が出てきました。

002.jpg

『ビオラ』

| トラックバック(0)

早くも園芸店の店頭にパンジー、ビオラも並ぶ
ようになりました。
つい小苗があり、購入して育ててみました。

1.jpg

『キキョウの成長』

| トラックバック(0)

これは八重咲きキキョウのタネを採り蒔き
して出てきたものです。
双葉では分かりませんが本葉が出ると
なるほどキキョウですね。

01.jpg

『八重咲きコスモス』

| トラックバック(0)

終盤になり八重咲きらしく咲いてきました。


001.jpg

『原種×チベタヌス』

| トラックバック(0)

交配してこの様な葉っぱが出てくると
安心します。
どこかチベタヌスの面影があります。

31.jpg

ルーセブラックがタネ親の交配に花芽が
つきました。
ddクロアチクスの交配は形のいい花が
咲きます。

30.jpg

『ニゲルは元気に!』

| トラックバック(0)

まだ、小さいがニゲルやニゲル交配の
開花がしてきました。

26.jpg

27.jpg

28.jpg

『下からアネモネが!』

| トラックバック(0)

前のポットが壊れてしまい応急に2重
ポットにしました。
するとスリットの隙間から出てきてし
まいました。

29.jpg

『種間交配』

| トラックバック(0)

ニゲルをタネ親にした交配です。
少し蕾に色がついています。
楽しみが1つ増えました。

7.jpg

『クロアチクス』

| トラックバック(0)

小粒でピコティーの入る花が咲きました。
クロアチクスは可愛い花が多いですね。

007.jpg

07.jpg

『猿のコシカケ』

| トラックバック(0)

今日は従兄弟の家でケヤキの伐採があり、
私は業者と連絡係です。
記念に猿のコシカケをいただきました。


004.jpg

古い家なので、その家の目印にケヤキを2本植えた
ものだと思います。
伐採するのは枯れこんで、猿のコシカケの生えたケヤキ
です。

04.jpg

かなり固くて手では採れません。
本当に猿が腰かけても壊れません。
家からのこぎりと鉈を持って行きました。

005.jpg


塩、米、日本酒でこれまでのお礼と作業の安全祈願です。

006.jpg

06.jpg

追伸、伐採の後です。

6.jpg

『彼岸花 オーレア』

| トラックバック(0)

最初のオーレアにはタネがつきました。

03.jpg

二番目のオーレアは莢が膨らまないようです。

3.jpg

『フェチダス』

| トラックバック(0)

原種では花の咲くのが早い方です。
もう心なしか先端が膨らんできました。

001.jpg

01.jpg

『ミカンちゃん』

| トラックバック(0)

リヴィダスの変わり斑入りです。
葉がミカンに似ているので名づけました。

2.jpg

『FUMI』

| トラックバック(0)

ニゲル×ゴールドブリオンです。
この交配で最後に咲いた株です。
今、蕾がついています。
花は兄弟で異なりなす。

02.jpg

『BIG ニゲル』

| トラックバック(0)

以前にも載せたニゲルです。
花はまだ咲いたことはありません。
ポットの大きさが6号ロングですから
大きいことは分かります。
遺伝子を調べてないので、はっきりしませんが、
4倍体かも知れません。

002.jpg

搬入のため日比谷公園へ行ってきました。
明日18日(土)~26日まで開催されます。

26.jpg

25.jpg

『ニゲル×ゴールド?』

| トラックバック(0)

交配の成果かも知れません。
葉色に変化が出ています。


1.jpg

『チベタヌス交配』

| トラックバック(0)

今年、咲いたチベタヌス交配です。
来季はよりいいものが咲くと幸せですね。

チエリーブロサムです。

22.jpg

YAEです。

24.jpg

RENEです。

23.jpg

『原種交配』

| トラックバック(0)

原種同士の交配を言います。
一般に無茎種の交配です。
プルプラ×アトロなどです。
さて、WM9531はトルカータスとムルチフィーダス
の自然交雑種と言われています。
このWM9531の交配をしてみました。

これはトルカータス×WM9531です。

001.jpg

これはWM9531×ddクロアチクスです。

01.jpg

『雪割草』

| トラックバック(0)

購入した頃には雪割草の栽培は難しいと
自分に言い聞かせていました。
でも、何年か育てているとどうにかなる
ものですね。
蕾がついています。

63.jpg

『チベタヌス交配』

| トラックバック(0)

原種 チベタヌスの花粉を使用した交配です。
暑さで枯れた苗もありますがチベタヌスの性質
を現す苗は少ししかありません。

斑入りニゲル×チベタヌス

60.jpg


ddニゲル×チベタヌス

62.jpg

ハイブリッド×チベタヌス

61.jpg

『交配のお手伝い!』

| トラックバック(0)

今日は昨日の暑さがどこに?
午後は雨で寒くなりました。
アリさんは元気に花の周りを動き回っています。

18.jpg

アリさんのお手伝いの成果かな?
子房が膨らんでいます。

19.jpg

『蟹みたいに!』

| トラックバック(0)

ニゲル交配の花芽です。
この爪は何のためにあるのかな?
害虫が近づかないように棘の代わりですか?
考えるとキリがないので、やめます。

15.jpg

『ハゴロモキンポウゲ』

| トラックバック(0)

ハゴロモキンポウゲが休眠から覚めて
葉を展開して来ました。
葉が枯れて表面に何もなくなり心配しますね。
でも、ちゃんと出てきますよ。

14.jpg

『オドルス×ネオン』

| トラックバック(0)

来季は開花しますね。
グリーンの葉と交配するとほとんどゴールドの
葉色は消えてしまいます。
葉の形はネオンです。
後は香りがどうなるか?ですね。

10.jpg

タネ親はブログ本のP64にある株です。
香りのあるシクロ交配です。
それにオドルスゴールドの花粉を交配して
ます。3年苗、7,5cmポット入り、
2ポットのみ、先着順、
送料込み¥2500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238

タネ親です。

8.jpg


09.jpg

9.jpg

『赤軸ニゲル交配』

| トラックバック(0)

台風は通り過ぎて今朝は晴天です。
何故か近くの千川上水の水がわずかになり鯉が
いなくなりました。
途中に息絶え絶えの鯉が横になっていました。
さて、赤軸だと花の色も気になりますね。
早く咲いてほしいのですが、蕾は見当たりません。

6.jpg

親株につき昨年、株分けしてます。
6号スリット入り、1ポットのみ
先着順、お値段は¥6000です。
発送は代引き郵便です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

7.jpg

08.jpg

『斑入り』

| トラックバック(0)

今朝の東京は曇り空でまだ台風の影響は
ありません。
とりあえず、ハウスの扉を閉めたり、大切な植物
はハウスに入れて備えはしました。
さて、新葉の展開ともに斑入りも分かるようにな
りました。

05.jpg

5.jpg

『白くない!』

| トラックバック(0)

ニゲル交配です。
これで属間交配が出来ることが証明されました。

005.jpg

『クロアチクス』

| トラックバック(0)

植え替えで刺激が強すぎたのか、蕾が
大きくなりました。
咲けばニゲル交配に次ぐ開花です。

4.jpg

『許してください。』

| トラックバック(0)

間違いはつきもの、中にはどこでどうなって
しまったか?出てきた苗をそのまま信じて
育てています。
ゴールド×ネオンです。
販売はしませんが、これはこれで楽しみです。

04.jpg

『じっと我慢かな!』

| トラックバック(0)

原種ヘルツェゴヴィヌスはある年数が経過
しないと独特の糸のような葉は出て来ません。
まして、株にもより個体差があります。
どうですか?この株もしかり何でもない葉が
突然に変わり出てきました。
ヘルツエゴヴィナスの花粉をつけました。

004.jpg

『光沢ニゲル』

| トラックバック(0)

新葉ではないが葉が輝いてるニゲルがありました。
これは属間交配した株で1株しかありません。

003.jpg

実は交配をしてみました。
子房の膨らみが今一つです。
失敗かも知れません。

2.jpg

また、大きな台風が来ますね。
被害の無いようにしっかり準備をします。
さて、八重咲きのシュウメイギクは色々と
ありますね。

002.jpg

02.jpg

『小さすぎて!』

| トラックバック(0)

ニゲル交配です。
株も小さいが花も小さくて咲けない
ですね。

03.jpg

3.jpg

3年苗、4号ロングポット入り、
先着順、2ポットのみ
お値段は送料込み¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

残り1ポットです。
2.jpg

003.jpg

3年苗です、4号ロングポット入り。
先着順、1ポットのみ
お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@yumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
002.jpg


02.jpg

『ダイヤモンドリリー』

| トラックバック(0)

彼岸花より花期が長いです。
花弁がきらきら光ります。
花数も多く上向きに咲きます。

1.jpg

3年苗、4号ロングポット入り
先着順、1ポットのみ、今後販売予定はありません。
お値段は¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
発送は代引き郵便です。

完売しました。
62.jpg

63.jpg

『ゴールド×ネオン』

| トラックバック(0)

葉っぱの色が花色を現していますね。

61.jpg

『今日のクロカス』

| トラックバック(0)

秋咲きクロカスが満開になりました。

001.jpg

01.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

透き通るようなホワイトの花が咲きました。

0001.jpg

タネ親はddレッドベインです。
この株は成果を期待出来ます。

60.jpg

『彼岸花 オーレア』

| トラックバック(0)

12月1日、10粒播種したものです。
深蒔きで種が腐り発芽は2つのようです。

59.jpg

『マダラ斑入り』

| トラックバック(0)

キラメ斑のようです。
属間交配ですが、後半は徐々に消えてきます。

58.jpg

『皆既月食』

| トラックバック(0)

ハウスから見れる19時の月です。
後は雲が邪魔して見えないです。

56.jpg


追伸、21時ではどうにか見えました。

57.jpg

『孟宗竹の間引き』

| トラックバック(0)

夏に日陰を提供してくれた孟宗竹の間引きです。
ハウスで遮光できないクリスマスローズを強い
日差しから守ってくれました。
今年は特に雪の被害で孟宗竹を多く残したので、
作業はゆっくり1週間かけて行う予定です。
それにしても、毎年していますが斑入りの葉を
初めてみました。

54.jpg

孟宗竹は長いので3段~4段に細かく切り、枝を
落としします。
太い孟宗竹は重いので、慎重に作業しないと体に
孟宗竹が当たり怪我をします。

55.jpg

株も大きくしっかりしたこともあり、
斑入りトリカブトの花が咲いてきました。

53.jpg

『今日のクロカス』

| トラックバック(0)

秋咲きクロカスが咲いてきました。

51.jpg

52.jpg

来年のカレンダーを作りました。
カレンダーには中国四川省宝興県のチベタヌスです。
それにパンダがいます。
10月26日開催される『第15回 クリスマスローズの夕べ』
で配布予定です。

13.jpg

『斑入りニゲル販売』

| トラックバック(0)

5号ロング入り、1株のみ
先着順、代引き郵便で送料込¥3500
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238

完売しました。
49.jpg

50.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

この交配は初期の属間交配です。
現在は交配数も増え、開花を待つばかり
になりました。

48.jpg

この八重咲きシュウメイギクも植え替えました。


47.jpg

『今朝のクロカス』

| トラックバック(0)

昨日の台風の後は大気が冷え込んで
過ごしやすい気候になりました。
さて、秋咲きクロカスに色が出てきました。

46.jpg

『今朝の変化朝顔』

| トラックバック(0)

ハウスの中にも雨が吹き込んで朝顔が濡れて
います。
最後なので、まとめて咲いてます。

45.jpg

『新属間交配』

| トラックバック(0)

今年、発芽してどうにか夏越しした苗です。


44.jpg

『YUKIKO』

| トラックバック(0)

今年も斑入り葉が出てきました。
ガンマー照射のストライプ系の親株のF1です。
株全体が斑入りでなく時々斑入りになります。

43.jpg

『ニゲル×チベタヌス』

| トラックバック(0)

この交配の親株の違いで個体差が出てきます。
葉に模様が少し入りました。

42.jpg

『台風の来る前に!』

| トラックバック(0)

今日は強い風と激しい雨になりそうです。
東京地方は直撃のようです。
その前に野外のものは室内に取り入れています。
バラは切り、室内で鑑賞します。

41.jpg

『キキョウの発芽』

| トラックバック(0)

採り蒔きして1週間たたずに発芽してきました。
春蒔きでもいいのですが、早く見たくて蒔きました。
しかし、これからの寒さが問題です。

40.jpg

『ムサシノキスゲ』

| トラックバック(0)

東京地方は朝から雨です。
今年は気象が予想通りにはならない
くらいに変化が激しい年です。
さて、ヘメロカリスはよく咲いたのですが、
ニッコウキスゲの変種で府中市の浅間山のみ
に自生しているムサシノキスゲは咲きません
でした。
学名にはムサシノの文字が使われています。
このムサシノキスゲは5月に咲く香りのある
キスゲです。
夏場にはいったん地上部が枯れて秋にわずか
に新葉をだします。
貴重な品種なので、増やそうと株分けをしました。

007.jpg

『細長い葉は!』

| トラックバック(0)

昨日、遮光ネットを外しました。
新葉が間延びしてます。
少し遮光が強すぎたのかも知れません。
それとも属間交配の成果かかも?

06.jpg

『ラナンキュラス』

| トラックバック(0)

アネモネに続き、夏越して9月に植え替え
したラナンキュラスも葉を展開して来ました。

006.jpg

購入してポットが小さかったので、
大きなポットに植え替えました。
花は次々と咲き出しました。

5.jpg

『ニゲル交配』

| トラックバック(0)

遮光ネットを外して眺めがよくなると
こんな花が咲いていました。


38.jpg

39.jpg

明日は台風の影響で風が強くなりそうです。
天気の悪くなる前に一仕事ですね。
さて、オーレアは後一輪残して元気です。

37.jpg

『多肉植物の花』

| トラックバック(0)

幾何学模様に蕾をつけてやっと花が
咲きました。

06.jpg

6.jpg

『錦織モデル』

| トラックバック(0)

銀座にお出かけの際に購入しまた。
楽天ジャパンオープンで活躍中の
錦織圭モデルのトラックパンツです。
小さな店舗には入荷はしません。
パンツだけでも穿いてテニスを頑張ります。

5.jpg

006.jpg

今日は育てていた野菜のデビューです。
タネから育てた苗と育成した苗が銀座で寄せ植え
に使用されて、参観に出かけました。

0001.jpg

001.jpg

01.jpg

1.jpg


002.jpg

02.jpg


3.jpg

004.jpg

04.jpg

4.jpg

005.jpg

05.jpg

オーレアは花も大きく見応えのある
彼岸花ですね。

36.jpg

『今日のコスモス』

| トラックバック(0)

昨日のコスモスが綺麗に咲きました。

35.jpg

『コボちゃん販売』

| トラックバック(0)

自生地採取のタネから出てきた矮性ボッコネイです。
池袋サンシャインシテイの展示会株の株分けです。
4号ポット入り、1ポットのみ先着順
お値段は¥4000です。
発送葉代引き郵便です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238

画像の左側がこぼちゃんです。右側は普通のボッコネイです。

  完売しました。
33.jpg

34.jpg

『属間交配』

| トラックバック(0)

ニゲルにキンポウゲ科の植物の花粉を
交配した株です。
昨年はこんな花が咲きました。

31.jpg

32.jpg

『今日のコスモス』

| トラックバック(0)

前回の苗と一緒に植えてあるコスモスです。
こちらはやや八重咲きになりそうです。
でも、苗が貧弱です。

30.jpg


『今朝の変化朝顔』

| トラックバック(0)

朝顔も終わりになります。
変化朝顔です。

9.jpg

フライングソーサーのタネが採れそうです。
変わった形です。

10.jpg

園芸店を覘いたら、つい購入してしまいました。
ピンクのダブルもいいけど、ホワイトは多弁花です。

28.jpg

29.jpg

『トリカブト属』

| トラックバック(0)

伶人草と言われているトリカブト属
の花です。
花はトリカブトですね。
全草毒ですから鑑賞のみです。

27.jpg

『ダイヤモンドリリー』

| トラックバック(0)

東京は細かい雨が降っています。
雨に濡れると風邪を引きます。
ネリネの別名 ダイヤモンドリリーは
ハウスに入れて鑑賞してます。

26.jpg

今日から衣替えです。
曇り空の都民の日になりました。
公立の学校はお休みです。
そして井草八幡神社の例大祭です。
午後には覘いてみます。
さて、オーレアですが、前回の株の
花と異なりフリルがすでに表れています。
それに花弁は太目です。

16.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。