2012年3月アーカイブ

東京地方も桜前線が来ました。強風の
中で開花宣言です。
ハウスの中も埃が舞い水を捲いています。
雲行きが怪しくなりしっかり雨になるかも
しれません。
 さて、このWM9531には何か足りな
い所があります。そうです。ネクタリーが
最初からないのです。
次の花はどうなるのでしょか?

1203313.jpg

1203314.jpg

『ボッコネイ交配』

| トラックバック(0)

今日はボッコネイを種親にした花と花粉親
した花を載せてみました。
最初はボッコネイ×ゴールドです。
   ボッコネイが種親です。
 花が咲き進んでいますが、香りはあります。
1203311.jpg

次はdd糸ピコティー×ボッコネイです。
  僅かに香りがあります。
  ダブルは劣性でシングルになっています。
葉の切れ込みは優性で上下の交配ともに出ています。
1203312.jpg

『属間交配』

| トラックバック(0)

前回、ニゲルにキンポウゲ科の別の種類を
交配した花を載せましたが、今回は分かり
やすく同じ交配の兄弟株が咲いてきました
ので、本来のニゲルを左につけた画像です。
右側の属間交配は見るからにグリーンのフラ
ッシュが大きく出ていますね。

120331.jpg

残念ながら品種はわかりません。
葉から推測すると原種の血を引いています。
他のものは緑の葉です。
後半は緑の可能性もあります。
9cmポットいり、
1品限り、先着順です。
送料込み¥3000です。
ご注文はメールか電話でお願いします。
メール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

完売しました。
120330.jpg

1203301.jpg

3月もあと1日になりました。
4月初めに出かけるためポット上げの
作業は出来るだけ終わらせよと思って
います。その前に置き場の整理もあり
ます。
さて、昨日から続きです。
落合さんはかなり以前からクリスマス
ローズを栽培されていてクリスマスロ
ーズと呼ばれる前のレテンローズをお
持ちです。

300.jpg

びっくり、超丸弁大です。

301.jpg

これがレテンローズです。オリエンタリス・
グッタータスのようです。

302.jpg

303.jpg

地植えだと花弁もビックです。
雄蕊の状態から想像して下さい。
大きいの選んでみましたが、
この花はクレマチス咲きと言われていました。

304.jpg

305.jpg

花も終わった実生からのチベタヌスです。
これだけ大きな葉は見たことありません。

306.jpg

香りのビオラです。カナリヤです。

308.jpg

斑入りのチューリップです。

309.jpg

dd糸ピコティー×ネオンの交配です。
ネオンらしい色とネクタリーが大きい
ようです。
4号ロング入り
1品限り、先着順、
送料込み¥3500です。
ご注文はメールか電話でお願いします。
     完売しました。
1203291.jpg

1203292.jpg

1203293.jpg

『これぞddベイン』

| トラックバック(0)

出てきました。これぞダブルのベインです。
血管模様のダブルです。

120329.jpg

4月6日(金)~4月10日(火)まで
オープンガーデンを予定されている熱海
市の落合さん宅へお伺いしてきました。
落合さんは縫いぐるみ作家では有名は方
です。やまね工房で検索する分かります。
更に、パンジー、ビオラの交配もされて
います。
パンジーのダブル咲きは日本一です。
他にもクリスマスローズ、スイセンの交配
などもされています。
紅葉ヶ丘のバス停の傍のお宅です。

290.jpg

零れ種が飛んで、石組みの間から

291.jpg

アプローチにはクリスマスローズが・・・

292.jpg

293.jpg

坂を上ると

294.jpg

ここもクリスマスローズです。

295.jpg

ここにもクリスマスローズがわんさかと。

296.jpg

297.jpg

コブシの花が青い空に眩しく輝き

298.jpg

下には土筆が伸びて

299.jpg

『最後の花が一番』

| トラックバック(0)

渋いシングルです。無茎種×有茎種から
生まれた花です。
兄弟のグリーンの花より表現しずらい
色です。

1203284.jpg

1203285.jpg

『春の味覚 竹の子』

| トラックバック(0)

竹の下のクリスマスローズを移動させて
いるとありました。
今年は遅れていて、いつもの年だとお彼岸
には1つくらい掘れるのですが、初物です。
初めに出てくる竹の子は根が浅いので簡単に
掘れます。かといって根と竹の子の付け根の
状態が分かるまでは経験も要ります。
この移植ゴテでは掘れませんよ。念のため。

1203281.jpg

少しづつ竹の子の周りを掘ります。

1203282.jpg

竹の子と根の付け根をエンピで一気に
切ります。
掘る機具はその地方は個人のやり方で
異なります。
私はエンピ、ノコギリ、専用の機具を
使い分けています。

1203283.jpg

『花木ばかり』

| トラックバック(0)

近所の沈丁花です。
クリスマスローズの香りにも
このようなタイプがあります。

280.jpg

生垣のレッドロビン(紅カナメモチ)
これからは新葉の赤が見事になります。

281.jpg

失敗、ピンぼけです。
園芸種赤花ミツマタです。
和紙の材料になります。茎がミツマタに
分かれています。

282.jpg

これが本来のミツマタです。

283.jpg

284.jpg

桃の花

285.jpg

エリカです。

g" rel="lightbox[]">286.jpg

287.jpg

サクランボの木です。 昨年サクランボがなっていました。

288.jpg

鉢植えのサクラです。

289.jpg

色々見て来ましたがこの咲き方の
ニゲルは初めてです。
ネクタリー(蜜腺)の周りに黄色
いピコが入るタイプです。

120328.jpg

今期最後のddデュメhybでコンパクトな
な株です。4号ロングに4本花茎がついて
います。丸弁グリーンセミダブルです。
1品限り、先着順、
お値段は送料込み¥5000です。
ご注文はメールか電話でお願いします。

   完売しました。

1203271.jpg

1203272.jpg

『春蘭』

| トラックバック(0)

植替えもしていない鉢で今年も咲いて
くれました。
春蘭は野生の蘭で香りがあり、花を天婦羅
で頂くこともあるようです。

120327.jpg

スポットの入り方がすばしい
バランスをしています。
5号ポット入り、1品限り、
先着順、ご注文はメールか電話
でお願いします。
送料込み ¥4000です。
メール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238
   完売しました。
270.jpg

271.jpg

今日、2度目の販売です。

 小輪ddデュメhyb ¥3500 
    完売です。
267.jpg

268.jpg

ゴールドからのセルフです。
5号ポット一杯の大きさでです。
2たまり大きめのポットへ根を
軽くほぐして植え替えて下さい。
 お値段は¥5000です。

    完売です。
269.jpg

260.jpg

今朝は販売からです。5号ポット入り、
雄蕊が綺麗に丸くついて時計草のようです。
1品限り、先着順、お値段は送料込み¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

120326.jpg

1203261.jpg

追加販売です。お値段は¥3000です。セミダブル

1203262.jpg

1203263.jpg

  4号ロングddテーイ 花茎1本でか弱い。お値段¥3500です。
261.jpg

262.jpg
  
   4号ロングセミダブル お値段¥3500
263.jpg

264.jpg
    4号ロングddデュメhybです。お値段¥4000です。
265.jpg

266.jpg

『属間交配です。』

| トラックバック(0)

先ほどのニゲルとの属間交配ではなくて、
別のキンポウゲ科の種類で身近な植物です。
葉が弱い感じがします。

1203258.jpg

1205259.jpg

1203250.jpg

この交配も出来ればセルフか戻し交配をした
いと思います。

ニゲルとの属間交配の花です。
丸弁でよい葉姿です。
このまま出来ればセルフか戻し交配
をしたいと思います。

1203254.jpg

1203255.jpg

そして、有茎種同士の交配です。
蕾にベインが見えています。

1203256.jpg

1203257.jpg

『久しぶりに霜が!』

| トラックバック(0)

今朝は寒かったです。
近くの畑に降りた霜の様子です。
西東京市は埼玉県狭山市に近いため
狭山茶を昔から栽培しています。
手前のお茶は綺麗に刈り取られ新葉
まちです。

1203252.jpg

出揃ったクリスマスローズの苗です。
ゴールド×オドルスゴールドです。
黄色い葉が多いので、期待が出来ます。

1203253.jpg

近くの千川上水沿いに植えられているマンサク科
トサミヅキが咲いています。
まだ、咲き初めはまとまっていますが、徐々に広
がり垂れ下がり周囲を明るくします。
イエローは元気の出る色です。

1203251.jpg

120325.jpg

すっきりしたピコティーセミダブルです。
交配しないでセルフの種を採ると親に似て
良形の花が咲くはずです。
4号ロング、1品限り、先着順
お値段は送料込み ¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

     完売しました。
1203248.jpg


1203249.jpg

『ポット上げです。』

| トラックバック(0)

プチ早期発芽をさせてそのままの状態から
本葉が出てきたので、7.5cmポットへ
植替えました。
本葉が出てくると根もよく伸びています。
根を切らないように優しく1苗ごとに
ポットへ植替えです。
普通の種からの発芽はまだ発芽していない
ものもあります。

1203246.jpg

植替え後は水をたっぷり上げます。

1203247.jpg

これから莢にお茶パックつけやポット上げが暫らく続きます。

『お茶パックの準備』

| トラックバック(0)

プックラ膨らんだチベタヌスの莢です。
このままですと種が零れてしまいます。

1203244.jpg

零れてしまう前にお茶パックをしっかり
莢の首根っこにホチキスでとめてやります。
ゆるいと風や水遣りの時に外れて元も子もな
くなり、種も零れてしまいます。
これから、ハウスの中は綿帽子の花に変わり
ます。

1203245.jpg

近くの武蔵野中央公園にはよく散歩へ出かけます。
やはりサンシュウも開花が遅れています。
公園には10本くらい植え込まれて
うす曇の朝は黄色の花が目立ちます。

120324.jpg

1203241.jpg

公園の正面の桜です。

1203242.jpg

蕾が膨らんで開花はもう直ぐですね。

1203243.jpg


気にとめていなかったアトロルーベンスの中から
黄色葉ばかりが出てきました。
葉が黄色くなる場合は窒素やカリ、マグネシウム
などが不足する時に現れてくる現象です。
どうもこの株は違うようです。

1203239.jpg

雨でも来られるお客さまは思い出した
ようにハウスの中に餌を探しに来る、
キジバト・ロクスケです。
作業をしていると私から餌を貰おうと
何処からともなくやって来ます。
ロクスケは下の嘴を格闘で折られて小
さな餌は食べられません。トウモロコシ
がどうにか食べられるようです。
ですから、雄のハトにしては痩せています。

1203238.jpg

9cmポットで咲いてきました。
現在の花の大きさは2cm満たない大きさです。
交配にお勧めの花です。
お値段は代引き郵便で¥3000です。
1品限り、先着順です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.inofo
電話 090-2670-2238へ
 
     完売しました。
1203237.jpg

1203236.jpg

自生地から来たムルチ・ムルチです。
最も濃い緑の花を咲かせ、丸弁です。

1203233.jpg

そして、オドルスから生まれたダブル??です。

1203232.jpg

今日は原種のセルビクスとトルカータス・オドルスの交雑種
です。セルビクスもグリーンばかりではありません。
こちらはアトロを少し大きめにした感じです。

120323.jpg

これは濃いグリーンをした交雑種トルカータス・オドルスです。

1203231.jpg

追伸、これらの種が採れましたら販売する予定です。

最初の種間交配は失敗でした。
莢は膨らんで来たのにスカスカで
種がシイナで膨らんでいません。
でも、他にも別の交配があります。

120322.jpg

体調の良い時や時間のある時は近くの公園など
へ散歩兼ジョギングへ出かけています。
今朝は膝を痛めてリハビリを兼ねて散歩です。
記憶では2000年頃にNTT武蔵野研究開発
センターの周囲にクリスマスローズが植えられ
ていました。
すべてがシングルのガーデンハイブリッドです。
特に、東向きの桜の下は見事に咲きだしました。
何株か心無い人に抜かれ小さな苗が補植されています。

100.jpg

101.jpg

102.jpg

103.jpg

104.jpg

今度は武蔵野中央公園です。この花壇は日当たりが良いのと
葉を全て古い葉を全て切っているので、成長は悪いようです。

105.jpg

106.jpg

107.jpg


この花壇で唯一のホワイトのクリスマスローズです。

108.jpg

『ブルーグレー??』

| トラックバック(0)

今期、と言うより初めてです。
今までこの色とは出会うことはありませんでした。

1203214.jpg

1203215.jpg

兄弟株ですが、赤みがあります。

1203217.jpg

今年、東京では春一番は吹きませんでした。
お彼岸に入り寒い日と暖かな日が交互にき
ています。
しかし、クリスマスローズは今までののん
びりと異なり急速に開花が進んでいます。
先日の超丸弁も咲いてしまいました。

1203211.jpg

ねじれセミダブルも咲いて来ました。

1203213.jpg

これはお気に入りの小輪多弁花ピンクスポット。

1203212.jpg

原種シクロフィルスです。
オドルスと異なり葉は落葉せずに
残ります。
また、香りもあります。
以前にはイエローの交配親として
使われたようです。

120321.jpg

1203210.jpg

今期初の販売です。
1品限り、5号ロング入り
先着順です。お値段は送料込み
代引き郵便で¥10000です。
ご注文はメールか電話でお願いします。

   完売しました。
323.jpg

324.jpg

原種、シクロフルス(香りあり)に交配
したもので、香りはあります。
香りの表現は難しいで、この株はオドルス
より良い香りとしか表現できません。
花ビラの周りは風で若干切れ込みは入って
います。5号ポット、1品限り、先着順、
お値段は送料込み代引き郵便で¥3500です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ

     完売しました。
1203200.jpg

1203209.jpg

餌をやる機会がなったりしている内に
10月頃からキジバトのピーコとロク
スケの姿が見えなくなりました。
多分、どこかで死んでしまったと思っ
ていました。
今日、竹の下のクリスマスローズを見
ていると近くに来るハトがいます。
いつもの口笛を吹くとなにやら反応が。
ハウスの餌をトレーに載せ置くと来て
餌を食べています。
この嘴はカラスと格闘の際に曲って今
でも同じなのでロクスケと分かり、安
心しました。

1203207.jpg

残念ながらピーコは高齢で多分、お星
様になっているはずです。

1203208.jpg

太陽が出ると春の気分も満載です。
これは今朝の様子です。
店の傍に流れる千川上水に植えられたミモザです。
ミモザも満開です。
椿にはヒヨドリが蜜を吸いに来ています。

120320.jpg

1203201.jpg

庭のしだれ梅も満開です。

1203202.jpg

庭のクリスマスローズです。ほとんどがピコティーです。

1203203.jpg

1203204.jpg

1203205.jpg

1203206.jpg

ネクタリーと言われる部分は現在は時計
回りにねじれています。
多分、咲きだすと真直ぐになるはずです。

1203196.jpg

そして、花弁全体がピコティーもあります。

1203197.jpg

更にこのダブルはあるのですが、セミダブルは珍しいです。

1203198.jpg

ガンマー照射のリバーシブルが咲きました。
『ふみ屋のブログ本』載っていますが、画像
が良くないので、載せています。


1203194.jpg

こちらは属間交配の白玉です。

1203195.jpg

『ロング雌蕊!!!』

| トラックバック(0)

オドルスhybで香りを嗅ごうと近づくと
なに、雌蕊が長いこと。
いつも手持ちのピンセットをつけて見ました。
普通の長さであればピンセットの中心ぐらい
です。
ここまで長いのは自家受粉を避けるためか?
面白い何か、交配して見ます。

1203193.jpg

『雪割草 七夕 』

| トラックバック(0)

近所の方の雪割草です。池袋サンシャインシテイの
『クリスマスローズの世界展』でも販売していました。
しかし、この七夕は見なかったです。珍しい品種だそ
うです。余りのも可愛らしいので、カメラに収めて見
ました。でも花色はパープルなのにブールに撮れてし
まいます。聞くところによるとパープルはみなブルー
に撮れてしまうそうです。

1203192.jpg

『超期待のダブル』

| トラックバック(0)

クリスマスローズの種の発芽までも今年は
全般的に遅いようです。
早いものは本葉がでていますが。
これから順次ポット上げの準備です。
さて、この蕾は見るからに丸くしかも超
多弁花のように見えます。結果は如何に?

120319.jpg

1203191.jpg

ダブルにはなっていませんが、交配親
やセルフでも楽しめる株です。
数ある兄弟の仲で1番良形です。
お勧めの1品、先着順
店頭で販売もしていますので、店で売れてしまう
こともあります。念のため。
5号ポット、お値段は送料込み3500です。
ご注文は メールか電話でお願いします。
 
     完売しました。
321.jpg

322.jpg

『セミダブルです。』

| トラックバック(0)

ブログに載せている傍から売れてしまいました。
納得のセミダブルでした。

1203182.jpg

今期はアブルジクスの販売はこれで終了です。
5号ロング入り、そつと大鉢に植えてると秋に
株分け出来ます。
1品限り、先着順
お値段は送料こみ¥8000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
   完売しました。
319.jpg

320.jpg

2008年に許可を貰い、クリスマスローズの自生地
をまね80株ほどのクリスマスローズを植えて見ました。
そこは当店から徒歩2分のとろで千川上水の向かいです。
フェンス越しの見学です。
クリスマスローズの管理は下草や落ち葉を管理業者
の方がしているようです。
枯れた葉はそのまま残しているようです。
株間が広いので、病気もありません。
敷地は東向きで夏は姫シャラが日陰を作っています。

70.jpg

72.jpg

73.jpg


個体差で葉の茂るタイプと花が咲くと自然と葉の下がるタ
イプがあります。経験では葉の茂るタイプは花茎を見せる
ため葉を全て切ってしまうと翌年は花数が減るようです。
出来れば傷んだ葉や枯れてみぐるしい葉を切る程度でよい
と思います。
74.jpg

75.jpg76.jpg

78.jpg

79.jpg

5号ポット入り、見えているのは花茎です。
お値段は送料込み¥3500です。
1品限り、先着順です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
代引き郵便でお届けになります。

完売しました。
317.jpg

318.jpg

お彼岸の入りなのに冷たい雨です。
そうです。二十数年前には雪が降り
西武新宿線・田無駅の踏み切りで人
身事故もありました。
早く、温かくなるとよいです。
さて、親株のddデュメトラムhyb
(右側)からのセルフが咲いて来ま
した。株分けと行ってもいいほど似
ています。

1203178.jpg

   親株です。(右側)

1203179.jpg

   セルフです。(左側)

1203170.jpg

宮崎での食事は西都市南方の炭焼き百十余年
の『入船』での蒲焼でした。
こちらの蒲焼は蒸さずにそのまま焼くものです。
しっかりかみ締めてるとジュワーと鰻のエキスが
口一杯に広がります。
そして、大豆を潰し豆腐などを入れた呉汁も一緒
にいただき、お腹も一杯です。
食事を終え、傍の神社に何気なく行くとびっくり
です。こんな巨木がありました。

    推定樹齢1000年のクスノキです。
120317.jpg

1203171.jpg

1203172.jpg

1日、お世話になった黒田さんのお庭です。

1203173.jpg

クリスマスローズの大株もあります。
1203174.jpg

黒田さんの庭に咲いてた『ロドレイア』です。
1203175.jpg

ロドレイアはマンサク科で和名をシャクナゲモドキと言います。
モドキは何々に似ていることからモドキと使われています。
中国の南雲省では標高2000mに自生しているようです。
香港では正月飾りに欠かせない花だそうです。
これは街路樹として植えているロドレイアです。

1203176.jpg

1203177.jpg

『目指すは綾園芸』

| トラックバック(0)

昨年は3月3日が丁度、見学出来る日でした。
今年は送れて行ったので、見学は諦めていま
したが、やはりラナンキュラスも開花が遅れ
ていたようで、開放日が遅れて見学出来ました。
ラナンキュラスもクリスマスローズと同じキンポ
ウゲ科で育種はかなり前からされています。
このラックス シリーズは最新のものです。
原種 ラナンキュラスの光沢を残しているようです。

55.jpg

新花 リュキア

56.jpg

香りのあるシバス 他にもありますが、これが好きです。
このシバスに関してはクリスマスローズのオドルスパイン
のような香りです。

57.jpg

アミズミズ この色とバランスが面白い。

58.jpg

ハウスの様子です。


60.jpg

59.jpg

昨年は気づかず帰ってしまいましたが、
今年は宮崎県出身の友人から教えてもらい
日本一の規模を誇る『綾の照葉樹林』を
眺めるには、絶景の観光スポットへ行っ
て来ました。

50.jpg

51.jpg

吊橋の上流です。眺める余裕などありません。足ががたがたです。
川面まで142mで下に引き込まれそうでした。

52.jpg

吊橋の下流です。立っていると足元の川がよく見えます。
下を見ると怖いので、横を向いてさっさと橋を降りました。
53.jpg

ddデュメhybddグリーンのセルフから
生まれた小輪ddゲリーンです。
9cmポット入り、花茎が他にもあります。
1品限り、先着順、
お値段は送料込み¥4000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
 電話 090-2670-2238へ

     完売しました。
1203166.jpg

1203167.jpg

こんな色や模様のクリスマスローズは
中々お目にかかれませんね。
来期は色や模様も変わるかも知れません。

1203163.jpg

1203164.jpg

1203165.jpg

9cmポットで咲いています。
植替えしょうか?迷っていました。
ポットのまま販売します。
軽く根をゆるめて一回り大きな鉢へ
植え替えて下さい。
1品限り、先着順です。
お値段は送料込み¥2000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya。info
 電話 090-2670-2238へ
 
   完売しました。
1203162.jpg

小輪ddイエロー(デュメhyb)にゴールドを
交配した花です。
株により葯(雄蕊)が退化した株も出ています。

1203161.jpg

120316.jpg

宮崎の花屋『アナーセン』で講演会を終え、
翌日、講演会へこられた方のお宅へお伺い
することになりました。
こちらがお庭です。
クリスマスローズもあります。
21.jpg

鳥小屋を改造中だそうです。

22.jpg

23.jpg

オオタニワタリです。東京では寒くて枯れてしまいそうです。
24.jpg

木蓮です。もう咲いています。早いですね。
26.jpg

シキミの花は初めて見ました。劇物です。
27.jpg

28.jpg

販売株です。12cmロング入り、初咲きです。
バランスのとれたダブルです。
これだけ丸いダブルには出会うことはまずありません。
おすすめの1株です。
お値段は送料込み¥4000です。
1限り、先着順です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
お願いします。

   完売しました。
1203155.jpg

1203156.jpg


出て来ますね。セミダブルが次々と12cm
ロング入りで初咲きのため株は小さいです。
ご希望の株がありましたら、メールか電話
090-2670-2238へ連絡下さい。
株によりお値段は変わります。

120315.jpg

1203151.jpg

      アプリ完売しました。
1203152.jpg
  
      糸ピコ完売しました。
1203153.jpg

     
1203154.jpg

13日、宮崎の『アナーセン』さんの自宅での
クリスマスローズ講演会の様子です。
1、クリスマスローズの概容
2、池袋サンシャインで行われた
  新花コンテストに入賞作品紹介と新花の傾向
3、クリスマスローズの植替え(実演)
4、質疑応答(お茶、コヒー、お菓子を手に)

 予定は1時間半の講演会でしたが。

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

19.jpg

13日、14日と宮崎へ行っていました。
13日は宮崎の花屋『アナーセン』さんの自宅で
クリスマスローズの講演会を午後2回いたしました。
14日は昨年もわざわざ私どものために1日観光と
ナーセリー巡りに運転していただいた黒田さんに
今年もして頂きました。大変、恐縮しております。
さて、先ずは、
知多半島上空を通過する飛行機から画像です。
1.jpg

アナーセンさんのお宅です。
ここ(自宅)がクリスマスローズの講演会です。
まだ準備途中です。
2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

ただ今、宮崎から帰ってきました。
宮崎のことは明日にでも書きます。
珍しいグレーのフルスポットです。

120314.jpg

そして、原種 プルプラセンスです。

1203141.jpg


1203142.jpg

様々な交配をして来ました。
当たりよりはるかに外れが多くて、いつも
がっかりです。
ニゲルを種親にするとニゲルの性質ばかりが
出てしまい、本当に交配しているのか疑問を
持つことも多々あります。
今回もこの交配株の蕾の色が白くなるのでは
ないか気に掛けるところです。

これがニゲルの蕾の色です。

120313.jpg

これはニゲルの属間交配と思われる蕾の色です。
白く変わるかもしれません。
因みに、葉の形状はニゲルではありません。

1203131.jpg

追伸、明日14日(水曜日)は出張のため臨時休業します。
   次の営業日は金曜日午後からです。

小さいネクタリーもあります。

1203125.jpg

1203126.jpg

1203127.jpg

1203128.jpg

『幾何学模様です。』

| トラックバック(0)

何か作られた感のする模様ですね。

1203124.jpg

風に揺れる花です。
剣弁咲きをお探しのお客さま咲いてきました。
もし、ご入用であれば連絡下さい。
 090-2670-2238へ
  完売しました。
1203123.jpg

スポットとは斑点模様をいいます。
本によると模様の入り方が16通りあるとか。
今日のはセミダブルです。

120312.jpg

1203121.jpg

1203122.jpg

開花の販売もそろそろ終わりになります。
今回は花が1つだけでです。
開花前に虫に食べられてしましました。
来期、お楽しみ下さい。
12cmロング入り、白抜きダブルです。
1品限り、先着順です。
お値段は送料込み¥3000です。
ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
    完売しました。
312.jpg

313.jpg

それはデュメトラムです。種小名は『藪が多い場所』
を意味し、自生地の環境に由来しているそうです。
草丈15cm~30cm、花径1.5cm~3cm
で現在把握されているクリスマスローズの中では一番
小さな種類です。
特徴は緑色で花弁の縁が白く抜けるところにあります。

311.jpg

親株のddクロアチクスも咲き出しました。
ddデュメトラムほど小さくはありませんが、
可愛い花です。
やはり、個体差はありますね。

1203119.jpg

1203118.jpg

1203114.jpg

1203115.jpg

先日、岡山のクリスマスローズ愛好家の方から
お手紙に新聞切り抜きと写真が送られて来ました。
当店でお譲りしたクリスマスローズが新聞に載り
好評とのことでした。
自分の育てたクリスマスローズが全国に広がって
いると思うと本当に嬉しいです。

1203117.jpg

栃の葉書房のアンケートに答えて応募下さい。
『趣味の山野草 4月号』の載っています。
当店の本『ふみ屋のブログが本になりました。』
がアンケートに答え応募された方から5名様に
送られます。
当店でも販売しています。
ご注文は電話 090-2670-0038
 FAX 042-497-3195
 メール noguchi@fumiya.info へ
 定価¥2000です。本と一緒に郵便振替用紙を
送付いたします。
1203112.jpg

1203113.jpg

今日で震災から1年が経ちました。いまだ、沢山の方が
行方不明です。少しでも早く発見されることをお祈りし
ています。
地震の際にはお客さまと一緒に隣の竹の下に避難してい
ました。幸い、ハウス等にも被害はありませんでした。
お客さまは遠方で帰宅するには大変だったようです。
さて、店の前の花壇ではニゲルが咲き出しました。
このニゲルは当初から私が見初めたニゲルで大型のもの
です。
ニゲルとは黒いと言う意味で根が黒いところから名づけ
られました。
固体差なのかこの株の根は黒くありません。
クリスマスローズと言うとイギリスではこのニゲルを指
します。
クリスマスの頃に咲いて花形がバラのようなところから
クリスマスローズと言われています。
日本には明治10年にお茶の席で用いる茶花として入っ
た記録があります。
一般にクリスマスローズと言うとヘレボルス属(クリス
マスローズ属)21種類と交配種を総称してクリスマス
ローズと呼んでいます。

120311.jpg

1203111.jpg

シングルホワイト×ddカナリヤイエローから生まれました。
この交配はただddイエローでもと考えて交配しただけです。
思わぬ成果にビックリです。
ここでは糸とは糸のように細い線を言います。

1203108.jpg

1203109.jpg

9cmポットで咲いてきている中でも色合い
からつい見てしまうのがアプリコットです。

1203106.jpg

1203107.jpg

この交配は花が丸弁と剣弁の2種類です。
可愛らしいイエローです。
ちゃんと4枚花弁は5弁になります。
リグリクスのようには香りはありません。
来年、大株になるとまた、異なる株になる
かもせれません。

1203104.jpg

1203105.jpg

ゴールドのダブルを目指して交配したものです。
スポットが出てイエローのシングルです。
平咲きで形はよく出ています。
1203103.jpg

昨年の秋に会員に配布されたセルビカム(セルビクス)です。
来た時にしっかりした苗でたが、私的に用土が気になり植替え
をしてみました。
6号スリットでもうこんなに大きくしかも中心に小さな芽もあ
ります。
常時、日本クリスマスローズ協会のホームページで入会出来ま
す。
会員の親睦旅行、講演会など色々とあります。
 よろしければ入会下さい。

1203102.jpg

ヘルゴビにも切れ込みの多いタイプとそうで
無いタイプがあります。
 また、切れ込みタイプでも丈の低いタイプ
もあります。
これは丈が低くて花がリバーシブルです。

120310.jpg

こちらは丈が高く香りのあるタイプです。

1203101.jpg

『双子になると?』

| トラックバック(0)

石化と言う現象で花同士がくっついた
状態がこれです。
今年はまだこの花だけしかみていません。
石化よりも花にストライプが入る株のよ
うで、来年まで残すことにしました。

90.jpg

これが双子(石化)です。
91.jpg

クロアチクスの花茎の下から新葉が展開してきました。
葉には繊毛も見えます。

1203087.jpg

一昨年から養生しているチベタヌスです。

1203088.jpg

昨年、元気が無くなり植替えしたヴェシカリウス
は今期3枚目の新葉です。

1203089.jpg

ハウスのクリスマスローズもやや終わりに近く
なると野外のものが出て来ます。

見たことのないスポットのバランスです。
1203083.jpg

多弁花です。

1203084.jpg

これも多弁花です。

1203085.jpg

これはミニセミダブルでネクタリーが小さい目

1203086.jpg

『無茎種×有茎種』

| トラックバック(0)

この交配ではリバーシブルタイプ、ノンスポット
タイプとこのスポットタイプが現在咲いています。
今、考えているのは未知の領域セルフでの交配
か無茎種と有茎種の交配です。
そして、不可能と思われる属間交配です。


1203082.jpg

元々、シングルの傾向が強いようで、肥培管理
に努めていますが、最後の花はシングルになっ
てしまいます。

120308.jpg

今朝も雨です。はっきりしない日が続きます。
作業は手抜きをすると取り返しがつかないこ
とがあります。しっかり行いたいものです。
さて、早めに咲いた原種 クロアチクスの莢
が大きく膨らんできました。先ずは成功です。
あとはカビなどで枯れずに種の採取まで行き
たいものです。

1203081.jpg

『小輪dd&sd』

| トラックバック(0)

ddデュメトラムやddトルカータスの血を
ひく小輪のダブルです。
画像では小輪の場合は雄蕊が花弁に比べて大
きく見えています。


1203099.jpg

3091.jpg

WM9531×ddデュメhybでセミダブルの小輪です。

3092.jpg

色は良く出ていませんが、2つともゴールドを
親とした株です。

1203097.jpg

1203098.jpg

『セミダブル特集』

| トラックバック(0)

東京の庭のクリスマスローズもやっと咲き出しました。
以外に多くあるハウスの様々なセミダブルです。

120309.jpg

1203091.jpg

1203092.jpg

1203093.jpg

1203094.jpg

1203095.jpg

1203096.jpg

『今期の親株です。』

| トラックバック(0)

クリスマスローズが最盛期になり新たな交配も
しなくてはいけません。
以前使われていたddトルカータスを親株とした
ものは随分と出回っています。
現在はddデュメトラム、ddクロアチクス
へと変わっています。
今期は更にddアトロルーベンスとddクロアチ
クスともにリバーシブルを親株に交配をしています。
交配の相手は慎重に選んで原種の趣を残すよう努め
ています。

ddアトロルーベンスです。

1203074.jpg

ddクロアチクスです。

1203075.jpg

『γ照射株です。』

| トラックバック(0)

ブログ本に載っているγ照射した株です。
γ照射をした数千株の中から生まれた株です。
葉は切れ込みが多くトルカータスのようです。
葉は落葉タイプで冬には枯れてしまいます。
リバーシブルで中に可愛くスポットが入ります。
花は大きめです。

1203072.jpg

1203073.jpg

啓蟄がすぎると何故か温かさが違いますね。
昨日は温かくてビールがおいしく感じました。
近くの農家のハウスではサーモスタッドで夏
野菜の蒔種が始まりました。
クリスマスローズも最盛期です。
こんなddスポットも出てきました。

120307.jpg

1203071.jpg

『ブログ本の2009-01-29』

| トラックバック(0)

ブログの本に載せた大文字(ネオン)の子供が
咲いて来ました。
すっかり忘れていて驚きました。
セルフでも良いがセミダブルゴールドを交配し
見ます。

1203065.jpg

1206066.jpg

セミダブルも良いのが咲いています。
1203067.jpg

1203068.jpg

好きな糸ピコダブルです。

1203069.jpg

2月に発刊し好評発売中です。
2008年から2011年にかけ書いたブログ
をクリスマスローズと自生地の旅のみを集約、加筆、
修正したもので、254ページカラー¥2000です。
ご注文は電話 090-2670-2238
FAX 042-497-3795
メール noguchi@fumiya.info まで
お支払いは郵便振替で郵便局にてお支払い下さい。

1203064.jpg

WMはウィル・マクルーウィン氏(WILL Mclewin)の
イニシャルで番号は採集地番号です。
10年近く前のカタログには新品種と記載がありました。
関係者にお伺いすると自生地が標高1500mでそのあと
そこに調査へ言っていないので、手つかずのままだそうです。
ムルチフィダスとトルカータスの自然交雑種と言われています。
これは当店で実生から育てた株です。

120306.jpg

1203061.jpg

こちらは親株の1つです。

1203062.jpg

1203063.jpg

これ以上丸くならないでしょう。
アプリコツト(杏子色)がまた良いですね。

12030503.jpg

12030504.jpg

ハイブリッド×チベタヌスの花です。
池袋サンシャインの新花コンテスト
出したチエリーブロッサムの兄弟で
よりテベタヌスに似ている株です。
画面の左側がチベタヌスです。

12030501.jpg

12030502.jpg


強い雨でしかも寒いです。このような日はハナアブによる
交配はありません。種親(母親株)に使う株は雌性先熟で
花の状態が出来て雌蕊の濡れている時に交配をします。
この時、交配親の花粉を雌蕊の先にたっぷりつけてやりま
す。出来ば翌日にもう一度します。
 さて、販売です。6号スリット入り、親株分けです。
この株はこのままでも十分見ごたえする株です。
 交配親にしてもいいと思います。
 お値段は送料込み 代引き郵便で¥5000です。
1品かぎり、ご注文はメール noguchi@fumiya.info
 電話 090-2670-7738へ
    完売しました。
5.jpg

6.jpg
 

昨日、めぼしいセミダブルは店頭で売れて今しました。
でも、まだ出て来ます。

120305.jpg

1203051.jpg

1203052.jpg

1203054.jpg

1203055.jpg

1203057.jpg

1203056.jpg

1203058.jpg

1203059.jpg

色々と交配している中でこの交配も咲いて来ました。
原種プルプラセンスはハンガリーやルーマニアに自生
し種小名は『紫』を意味する品種です。
ちなみに親株は紫ではなく灰色がかっています。
そして、原種ボッコネイはイタリア、シチリア島に自
生して淡い緑色の香りのある品種で、種小名はイタリ
ア人修道士パオロ・ボッコネイに由来しています。

120304.jpg

ニゲル交配(ニゲルに他品種交配)をすると一代
限りで種が採れずに株分けでしか増やすことが出
来ません。そこでメリクロン(成長点培養)をす
ることで増えにくい品種を短期間に大量に増やす
ことが出来ます。
ニゲル交配でなくても優良の株を増やすときにも
利用されています。
この株ddイエローはがっちりして雄蕊が大変
見ごたえがあります。
しかし、何故かセルフでもクロスでも種を採るこ
とができないのです。
そして、突然変異で出てきたのか他にこの株に似
ている株はありません。


1203041.jpg

久しぶりに春らしい陽気でした。多くの西洋ミツバチがクリスマスロ
ーズの花から花へと移動していました。西洋ミツバチが飛び廻る前に
交配をしないとえらいことに父親知れずのクリスマスローズ
が生まれてしまいます。西洋ミツバチもしっかり花粉が出ている株を
選んでいるようです。今までにこんなに多くの西洋ミツバチを見たこ
とはありません。お陰でこちらは負けずに交配をしていました。
あーあ疲れた。

1203037.jpg


1203038.jpg

最後にゴールドのセミダブルも咲いて、この株には以前のセミ
ダブルのゴールドを交配しました。西洋ミツバチさんに負けてはいられ
ません。

1203039.jpg

コージーすぎやまさんから来た株に花が咲いて
来ました。小さな花です。
スロベニア、イタリアなどに分布していて他の
ムルチフィダスより葉の切れ込みはやや少ないようです。
香りのあるタイプもあります。

1203036.jpg

色々咲いてきて花の中まではじっくり見ること
はありません。
確かに3本はベインの模様がはっきりしています。

1203035.jpg

『特別賞花の兄弟』

| トラックバック(0)

池袋サンシャインシテイで行われたクリスマスローズ新花
コンテストに入賞した兄弟株です。
無茎種(ルーセブラック)×有茎種(アーグチフォリウス)
から生まれた株でこの2株はブラックがほんのり出ています

1203033.jpg

1203034.jpg

昨日の雨ですつかり雪が融けています。
ハウスの中は蒸れ蒸れです。
原種の花茎が急に伸び出しました。
これは中国に自生するチベタヌスです。

120303.jpg

これはハンガリーに自生するダブルのデュメトラムです。

1203031.jpg

次はセルビア・モンテネグロに自生するセルビクス(セルビカム)です。

1203032.jpg

野外でやっと梅の花がさいているのを
見るようにまりました。
さて、販売です、dd小輪でほんの僅か
にスポットが見えます。ないものもあります。
お値段は代引き郵便で送料こみ¥6000です。
1品限り、ご注文はメール noguchi@fumiya.info
電話 090-2670-2238へ
  
   完売しました。
1203022.jpg

1203023.jpg

アンデスの乙女の莢は黄色くなりつつあります。
完全に黒くってから種を蒔くと発芽します。

1203321.jpg

フェチダスゴールドブリオンの双葉は初めからイエロー
出て来ます。ほかの種の発芽はまだ半分です。
このぶんだと早めにポット上げをしないといけません。
120302.jpg

『丸弁 その2』

| トラックバック(0)

これはもっと丸いです。
アプリコットです。
1203014.jpg

1203015.jpg

糸ピコティーです。

1203016.jpg

1203017.jpg

ハウスの中は日が射して室温が上がって
クリスマスローズも伸び伸びしています。
クリスマスローズの愛好家で8割方丸弁
を好まれるようです。
先ずは咲いて来た丸弁です。

120301.jpg

1203011.jpg

1203012.jpg

1203013.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。