『ニゲル Helleborus niger』

| トラックバック(0)

季節外れにポッンと咲いてきました。
ニゲルの開花は1月中旬ですが、個体差があり小さい株などは春の後半や秋の前半に咲いたります。
自生地はイタリア、スロベニア、ドイツ、クロアチア、スイス、オーストリアなど広範囲です。
イギリスではこのニゲルを指してクリスマスローズと呼んでいます。
一般に日本ではヘレボルス属を総称してクリスマスローズとしています。
このニゲルは気難しいところがあり、過湿を嫌い、根腐れを起こし易い性質があります。


110914.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fumiya.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20

ふみ屋のご案内

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、店主が2011年9月14日 07:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ボッコネイ Helleborus bocconei 』」です。

次のブログ記事は「『早期発芽処理の2ヶ月後』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。